検索 OPEN/CLOSE

校長・教員ブログ

校長・教員ブログ

まだ、若かったころ。

インド南部の小さな町に鉄道で降り立った。いつもながらの一人旅。すぐにリクシャー(バイクタクシー)のお兄ちゃんが客引きに寄ってくる。リクシャーは値段交渉をして乗るもの。まずは、お兄ちゃんがブロークンな英語で話しかけてくる。

 

「ユア ネーム?」

――「モエミ」

「グッドネーム!」(恐縮です)

「カミングフロム?」(あ、どこから来たかってことだ)

――「ジャパン」

「グッドカントリー!」(ありがとうございます)

「エイジ?」(あ、年齢きいてどうするんだろう?)

――「サーティスリー」

「マリッジ?[結婚してるのか?]」(なるほどーそういうことか)

「ノー」と答えると、真剣な顔つきになり直球がやってきた。

「ホワイ?」

わー理由まで聞くんだー。もうセクハラの線こえたー。

 

パーソナルな質問の嵐に度肝を抜かれながらも、「ホワイ?」に答えてみた。「ノー グッド メン アラウンド ミー(いい出会いがなくてねえ)」と、ジョーダンっぽっく言ったつもりが、彼はすかさず「ドン ウォリー、ファインド ユー、ナイス インデアンマン!」素敵なインド人を紹介までしてくれる・・・らしい。一気に仲人を買って出てくれた笑。「サンキュー」と答えると、次の質問は「アーユー ベジタリアン?」だった。結婚条件の第一位が食べ物なんだ。とても興味深い。確かに一緒に暮らし始めたら肉を食べるか食べないかは一大事だ。「アイム ナット ベジタリアン」と答えた。インドでは7割程度がベジタリアンなので、私の「相手」を探すのは大変だろうな・・・と思いながら、出会って数分でここまで私のプライバシーを深堀してくるこのインドのお兄ちゃんに脱帽。楽しいひと時となり、彼のリクシャーに乗ることにした。

 

20代後半でアメリカに留学していた時のことを思い出した。インドからの女子留学生と、アメリカに来て経験したカルチャーショックについて話した。私は、アメリカ人のルームメートの話し声が大きくて、大声で歌も歌うし、戸惑っていると。一方彼女は、「アメリカ人は何も質問してくれない」と。「家族のことや、生活のこと・・・私に関心を持ってくれない・・・寂しい」と。実は私もアメリカに3年住んでいて一度もアメリカ人から年齢を聞かれたことがなかった。年齢は実にパーソナルな事柄で、アメリカ人の研ぎ澄まされた人権感覚からすると尋ねることはタブー。彼女の話を聞いて、アメリカ人は困惑していた。「あなたを寂しくさせたのは申し訳ないけど、どこまで聞いていいのか私にはわからないんです。たとえば、家族構成を聞いてもいいの?」インドの彼女は「何でも聞いてください」と笑顔で答えた。

 

「愛の反対は無関心である。」他でもないマザーテレサの言葉だ。個人の領域にずかずかと入ってくるインドの人々に違和感を抱きながらも、一方で包み込むような愛を感じる自分がいる。個人主義を称えるグローバリゼーションの波がインドのそんな温かい精神性を奪っていくのも時間の問題かなと思うと、私もまた寂しい気持ちになる。人権と無関心。プライバシーと愛。問題はシンプルではない。でも、現地の人たちと直に出会って、考えて、自分に問う、それは気づきに満ちた楽しい営みであることは確かだ。

 

また、旅にでよ。

新年を迎えても、新型コロナウィルスに翻弄される生活が続いています。本当にコロナによって、私たちの日常、常識、当たり前は激変しました。

 学校に通うこと、学校で勉強すること、友人と楽しく談笑しながら昼食をとること、球技大会で盛り上がること、修学旅行に行くこと、クリスマス礼拝のラストはみんなでハレルヤを精一杯歌うこと、私たちが日常生活において当たり前に行ってきたことが、次々とできなくなりました。

 また、マスクの着用、換気、消毒、食事は前を向いて極力私語をしない、讃美歌は同じ方向を向いて口ずさむ程度、このようなことが日常生活の当たり前に加わりました。

 先日、中学のスキー授業が行われ、今年は3回とも参加させてもらいました。最終日も天気がよく、海がきれいに見えました。

「今年スキー授業できたんだなあ」ふっとリフトに乗っているときに思いました。これまで北星で教員になって約20年、当たり前に行われているスキー授業ができたことに感動している自分がいました。

 学校に行けること、生徒や先生たちと何気ない会話ができること、これまで当たり前にできていたことがいかに恵まれていたことか、幸せなことだったのかということに気づかされました。

 当たり前に感謝するきっかけになったことだけは、コロナの功績なのでしょうか、、、、

私は国語科の教員です。この仕事を始めて数十年になりますが、授業で文字を書く時はほぼたて書きです。他の教科の先生は黒板を左から使うのに対し、国語科の教員だけは右から黒板を使い始めます。私はたくさん文字を書いてしまうので、できるだけ右端から書きたいのですが、クラスへ大事なお知らせがある時の黒板は右側からプリントを掲示したりしています。なるほど、黒板の右側ユーザーである私たちは少数派なのね…とちょっぴり悲しくなります。入試で扱われる本文はさすがにたて書きですが、小論文はほとんどがよこ書きのスタイルに移行しました。私たちが板書する形態もいずれ変わっていくのでしょうか。そもそも、「黒板」というツールはもはや古いのかもしれませんが。

―情緒的な文章はたて書きの方が伝わりやすい、物事の説明や論理性が必要な文章はよこ書きの方が伝わりやすいー。こんな一文をどこかで見受けましたが、たしかにファッション雑誌の巻頭を飾る芸能人のエッセイはたて書きが多いですよね。でも、新聞の書き方はたて書きですが、すべてが情緒的な内容だったら日々のニュースも空想の世界が入って何が真実かわからなくなってしまいそう。ケータイの画面がたて書きだったら見づらいですが、コミックのセリフはそのほとんどがたて書き。私たちは無意識のうちに、たて書きとよこ書きの文章を使い分けているのかもしれません。

文章のことを「テキスト」と言いますが、語源は「テキスタイル」=「織物」です。織物はたての糸とよこの糸を紡ぎ合わせて一つの生地ができますね。それと同じように、日本語もたての糸を主軸とした「たて書きの風景」が、よこの糸を主軸とした「よこ書きの風景」が紡ぎ出されます。私は、たて書きで書く漢字やカタカナやひらがなの文字列がとても大好きです。それは、それぞれの文字が連なって一つのアートを創り出しているように思えるからです。また、上から下へ目を通すことで、言葉が一つひとつ、自分の体に落ちてゆく感じがおもしろい。世界の中でたて書きの言語は少数ですが、これからもそのたて書きの風景を楽しみながら、さらなる魅力を感じ取りたいです。

Picture2 Picture1

 

 

 

 

 

 

 

私の趣味の編み物もテキスタイル=テキストです!

 

 

           私の趣味の編み物もテキスタイル=テキストです!

私が小学校に上がる前の話。父は、たくさん本を買ってくれた。「狼と七匹の小ヤギ」「ヘンゼルとグレーテル」など数々のグリム童話。本棚いっぱいに並べられたピカピカの本に私はワクワクしなかった。本が好きになれなかったのは、今も変わらない。(今の方が本を読んでるけど)

小学校高学年の時。ある時友達が、「ジャンプ、読んでる?」と聞いてきた。「うちでは、マンガ本はダメだって、読ませてくれない」そう答えると不思議そうな顔で私を見ていた。

高校生で初めて「ガラスの仮面」を読んだ。一気に読んだ。休み時間もお昼休みも夢中になって読んだ。部活に行かないで読みたいと思った日も何度もあったが、ちゃんと部活に行った笑。『転んだことのない人間に転んだ時の痛さはわからない』『どんなに影が濃くても光がなければ影はできないのですよ』なんだか勇気が出た。月影先生に励まされた気がした。

大人になって考えたこと。それは「マンガ本はそんなにダメな本か?」ということ。

マンガ本にも数々の名言がある。不安ばかりで後ろ向きな気持ちになった時、悲しくて泣きたい時、負けて悔しい時、言葉に勇気づけられた経験はないだろうか。

『SLAM DUNK』男同士のプライドがぶつかり合う勝負の世界で、名言が多く生まれるのは納得できる。『諦めたらそこで試合終了だよ』『お前のためにチームがあるんじゃねぇ。チームのためにお前がいるんだ!!』

『鬼滅の刃』大人も泣ける感動ストーリー。仲間や兄弟の絆も強く描かれているから、共感できる。『人のためにすることは、巡り巡って自分のためになる。そして人は自分ではない誰かのために信じられないような力を出せる生き物なんだよ』『ひとつのことしかできないならそれを極め抜け。極限の極限まで磨け。』『泣いてもいい、逃げてもいい。ただ諦めるな。極限まで叩き上げ、誰よりも強靭な刃になれ!』

『ハイキュー』経験者でも、未経験者でも楽しめる。そして個性豊かなキャラクターが多く熱くて感動的なシーンが多い。『俺が繋いだボールをアンタが勝手に諦めんなよ』『負けは弱さの証明ですか?君達にとって負けは試練なんじゃないですか?地に這いつくばった後、また立って歩けるのかという・・・君達がそこに這いつくばったままならば、それこそが弱さの証明です。』『村人Bには村人Bの良さがあるんだよ』ハイキューを読んでいると、自分も上手になった気分にさせられる。だから、試合前のイメージトレーニングにとてもいい。(うちの部活生はよく使っている笑)

数々の名言が私たちを勇気づけてくれる、前向きにさせてくれる、そんな生きるための参考書に出会えたら幸いだ。

収穫の秋。学校の花壇から生徒の叫び声が聞こえた。見ると、社会問題研究会の生徒がサツマイモを持って歓声をあげている。今年はサツマイモのできが良く、大きめの段ボール1箱分採れた。1キロサイズの芋を2個と小さめの芋を数個、寮に持って行った。寮の食事を作ってくれるまどりさんは教員向けの弁当も作ってくれるので、そのうち弁当に入ってくるかもしれない。大変楽しみである。

毎年、社会問題研究会では、学校の花壇で野菜の栽培を行っている。今年は、トマト、ナス、ピーマン、ズッキーニ、トウモロコシ、サツマイモ、スイカ、カボチャなどを植えた。サンチュ、小松菜は、一部花を咲かせて種を落としているので、毎年勝手に生えてくる。そうやって自家採取の種を作る実験も行っている。最近は自家採取では実をつけない品種も出回っている。ニュージーランド産のカボチャの種をとっておいて蒔いてみたが、実をつけなかった。最近人気のあるラグビー型のカボチャもだめで、昔ながらのみやこや恵比寿、雪化粧などは問題なく収穫できた。F1(かけ合わせで作った品種)や遺伝子組み換えの種が増えていく昨今、種の確保も大きな問題だと思う。数年勝手に生えてくるサンチュや小松菜も元はF1だったのでどうかと思ったが、程よく苦みと甘みがあり、大変美味しかった。

作った作物を収穫し、調理するところまでやる。花壇のラズベリーでジャムを作ったり、夏野菜でカレーを作ったり、枝豆を茹でたり、サツマイモでスウィートポテトを焼いたり・・・「なぜ、社会問題研究会で野菜の栽培を?」と不思議に思われるかもしれないが、一応理由はある。社会問題のうち、一番に取り組みたいのは食糧問題。食べることに不安がなければ、多少の問題があっても精神的に余裕をもって対処できる。生きることに直結する「食べる」ことを確保して、様々な問題に目を向けようということである。

もちろん、他の社会問題にも取り組む。社会的マイノリティの問題、原発とエネルギーの問題、銃社会について、貧困問題、婚活についてなど、それぞれ興味のあるテーマについて調べ、プレゼンをする。そのとき、調べた知識を述べるだけでなく、必ず自分たちの提案をすることになっている。それついて、みんなでディスカッションする。それが有意義で実効性が高いとなれば、みんなで行動することもある。研究会のメンバーだけでなく、外部に広く呼び掛けて発表したこともある。

「これからの時代、社会はこうなっていくから、それに対応しなければならない。」というような話が聞こえてくると、誰がその社会を望んだのだろうと疑問に思う。必要なのは、望んでもいない社会に対応する力ではなく、望む社会を創っていく力ではないだろうか。そんなことを考えながら、社会問題について楽しそうに議論する生徒たちを眺めると、日本もまだまだ大丈夫だと思ったりもする。

 

At Hokusei, we talk a lot about God. In fact, we try to incorporate God into all of our classes and events. Today, I would like to talk about what God means to me.

In my case, it seems that all of my life I have been trying to understand who, or what, God is. I was born and raised Catholic, and for the first 24 years of my life, that was sufficient for me. But then I started to question my religion. It felt like I was believing in something that other people told me to believe in, and not that I myself experienced. This episode of my life set me on a journey of 30 years, and which still continues today. I have looked for God in churches, synagogues, temples, and anywhere else humans might think God would be. While I have felt the presence of God in all of those places, I have come to realize that God does not need to be put into a house or a building. I can find God anywhere: in a forest, in a river, in people’s faces and hearts. In fact, I believe that God is everywhere, in all people and in all things. As my understanding of God grows deeper, I am able to see that God is present in situations that I never would have thought possible before. I hope that what I have written today reaches someone who might have the same questions about God’s presence. Thank you for taking the time to read this.

「情けは人の為ならず」という表現を、人に情けを掛けることはその人の為にならないと誤解されている場合が大変多いそうです。本当の意味は、人に対して情けを掛けておけば(人に親切にしておけば)、巡り巡って自分に良い報いが返ってくるということです。困っている状況にある人を助けようとするとき、相手からの見返りを期待するようなことはありませんよね。誠意をもって、相手のことを重んじて対応するはずです。そのようなことができる人には、自分が苦境に立たされた時に、誰彼となく援助の手を差し伸べてくれるでしょう。コロナ渦の中で、苦しんでいる人が世界中に多数います。こういう時こそ、お互いに助け合うことが本当に重要です。人と人、国と国が互いに協力して難局を乗り越えなければなりません。自分が大丈夫でも、困難を抱えている人を自ら探していくことが今必要とされています。人と共に喜び、人と共に悲しむことが我々人間にとって最も大切なことの一つです。見返りを求めず、困っている人の為に積極的に行動できる人間になりましょう。人のことを羨まず、謙虚な気持ちをもって、正々堂々と前へ進む気持ちの良い人になりましょう。こういう生き方をすると、自分が気づいていなくても、人に頼りにされ、自分も日々成長できる素晴らしい人間になれるはずです。自分に正直な生き方をしましょう。皆さんの幸せを心からお祈りします。

Did you know that a lot of English idioms and proverbs we use today come from the Bible? No one can know for sure exactly how many translations of the Bible exist, but the first major translation into English was by John Wycliffe in the 14th century. Since then, Biblical words and phrases have made their way into common use. The following idioms, expressions and proverbs come from The King James Version.

Often, when a machine breaks down or a person gives up, we say that they “…bit the dust”. This is believed to have come from the book of Psalms 72:9 “They that dwell in the wilderness shall bow before him; and his enemies shall lick the dust.” (KJV)

Here are some more examples using this idiom.

  • My car has been making a lot of strange noises. I think it’s about to bite the dust.
  • After a long fight against many enemy troops, the lone soldier finally bit the dust.

When an unskilled person attempts to teach a skill to another unskilled person, we often call this “The blind leading the blind.” This is most likely from Matthew 15:13-14 “Let them alone: they be blind leaders of the blind. And if the blind lead the blind, both shall fall into the ditch.” (KJV)

Here is an example using this idiom.

  • Is Charles really giving a tour to new employees? He only started here a week ago. Talk about the blind leading the blind.

Even the expression, “broken heart”, a term we use when someone is deeply saddened, often due to a failed romantic conquest, is believed to be Biblical in Origin. Psalms 34:18 “The Lord is nigh unto them that are of a broken heart; and saveth such as be of a contrite spirit” (KJV)

Let’s try it in a couple of examples.

  • My girlfriend left me and broke my heart.
  • He sat in the rain, heartbroken and alone, wishing he’d said anything else.

When a person just barely succeeds, coming very close to failure, we might say he succeeded “…by the skin of his teeth”, a term used in the book of Job 19:20 “My bone cleaveth to my skin and to my flesh, and I am escaped with the skin of my teeth.” (KJV)

You could use this expression in such cases as the following:

  • Under 60% is a fail? Wow! I got a 61%. I passed by the skin of my teeth.
  • After being chased for several hours by the police, the robber managed to escape by the skin of his teeth.

These are just a few examples of the many idioms we use regularly in English that are taken from the Bible. Learning new words and phrases from many different sources, such as films, books, poems, music, or even the Bible can add flavor to your language and make you a more interesting and eloquent speaker. The most important thing is to enjoy speaking English and learning new ways to express yourself. Happy Studying!

 

Alex Couture

 

 

 

 

Sources

https://improving-your-english.com/biblical-idioms/

https://www.mentalfloss.com/article/61964/18-everyday-expressions-borrowed-bible

https://en.wikipedia.org/wiki/Bible

ブログをご覧いただいている皆様こんにちは。社会科を担当しております、菊地誉と申します。どうぞよろしくお願いいたします。私は本校に勤務して10年になりますが、この間微弱ですが「私学助成署名運動」の担当として携わっております。そこで、今回のブログでは「私学助成運動」とは何か?について、お話させてください。しばらくお付き合いいただけると幸いです。

 

 3点に絞ってお話させてください。

 

 まず1点目、「私学助成署名運動」とは何か?ということです。

 この運動を簡単に申しますと、「国公立学校と私立学校における補助金の格差を無くし、すべての子どもたちが等しく学ぶことができる教育環境を作るよう、国や道に要請する署名運動」のことです。

 この運動の出発点は、「すべての国民は、ひとしく教育を受ける権利を有する…(憲法第26)」「国及び地方公共団体は、能力があるにもかかわらず、経済的理由によって就学困難な者に対して、奨学の方法を講じなければならない(教育基本法第32)」というルールがあるのに、現実はそうではない…。矛盾している現状に声を上げたのが、この運動のスタートです。

 この運動の歴史は古く、1971年から始まり、47都道府県の各私立学校の保護者、生徒、教職員が中心となって取り組んでおります(正確には、各都道府県、有志の私立学校です)。ちなみに全国組織もあり、来年は運動50年の節目でもあります。

 国公立・私立の格差は依然として残っておりますが、根強い運動の結果、徐々に格差は縮まってきております。

 

ざっくりですが、1年間に1人の高校生を育てるのに、国公立・私立問わず、約120万円かかります

☆ 国公立の場合は、国や各地方が生徒1人当たり約120万円を補助(所得制限あり)つまり、ほぼ無償

★ 私立の場合は、国や各地方が生徒1人当たり約47万円を補助(所得制限あり)。つまり、120477373万円は保護者が負担ということになります。

 これが毎月支払っていただく学費であり、この格差を無くすための取り組みがこの運動の趣旨です。

 

 2点目、「支援拡充」が進んだ結果…

長きにわたる地道な運動ですが、年々私学に対する「支援拡充」が進んでおります。特に2010年から「就学支援金制度」が創設され、2020年は国からの画期的な支援制度が大幅に拡充された年でもあります。

支援が拡充されたことにより、全国でどのような変化が起こっているのか、次の表をご覧ください。

Kikuchi 1

 

 

 

 

 

 

つまり、近年の少子化で高校生が年々減少しているにもかかわらず、徐々に私立高校生の割合(比率)が増えております。これについては、様々な分析があると思いますが個人的には、学費の格差が縮まることにより、「建学の精神」「特色ある教育内容」で学校を選ぶ…何よりも「学びたい学校に行く」といった傾向が強まった結果であると考えます。

 

 3点目、「世界の中の日本」

 「私立は学費が高くて当然」という意識は日本人皆が持っている概念だと思います。(以前私もそうでした)ところが、世界各国と比較すると日本の様子がわかります。次の表をご覧ください。

Kikuchi 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先進国の国々でも国公立と私立の格差があることは否めません。しかし、私立学校でも国等からの支援が手厚い「公費私立」の形態がほとんどです(つまり、公私間の格差は小さいということ)。一方、日本の私立学校は国等からの支援が少ない「独立私立」がほとんどです。これが世界の中の日本の現状です。これも個人的意見ですが、日本だけ取り残されている感じがいたします。(ちなみにオランダは憲法に「多様な国民を育てるためには、私立学校がないといけない」と規定されているようです。)

 

 いずれにせよ、国公立・私立問わず、お金のことを気にせずに「行きたい学校へ」、「学びたい学校へ」行ける社会となることを願いながら、この活動を行っております。お知り合いの方からこの署名のお願いや、街頭での署名などでお見受けすることがありましたら、ぜひ署名のご協力をお願いいたします。さらにご賛同いただける方は、拡散願います。

 最後までお付き合いいただきありがとうございました‼

無人島に本を一冊だけ持っていけるとすれば何を持っていきますか。お気に入りの作家の作品でしょうか。それとも、応援しているアイドルグループの写真集と答える人もいるかもしれませんね。私が同じ質問をされた場合、一冊の辞書と応えるでしょう。それは、島村盛助・土居光知・田中菊雄 共著「岩波英和辞典 新版 (1958)」(現在は絶版、以下、岩波英和)です。
 
辞書は、言葉の大海へと誘う案内人のようなものであり、また、いつでも相談に乗ってくれる先生のようでもあります。岩波英和は、当時の世界最高の英語辞書オックスフォード英語辞典を参考に、歴史的語義配列主義によって編纂されたものです。歴史的語義配列とは、その語が使われた最も古い順番から語義が記述されたものを指します。つまりは、現代の文章を読む際には自分が必要とする意味・用法が載っていない可能性があったりすることもあり得るわけです。岩波英和を引く時は、ある語がいかにしてそのような意味で使われるようになったのかを考えたい時です。
 
最近、岩波英和を参照したのは、2020年2月頃でした。当時、 CNN・BBCなどで盛んに使われた単語として、quarantineという言葉があります。その頃に何が起きていたかと言うと、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、クルーズ船ダイヤモンドプリンセス号の乗客が下船することなく、日本の横浜港に停泊を続けることを余儀なくされていました。quarantineという言葉は、検疫という意味です。検疫は、出入国する際に空港で行われると思っていた私は、船とquarntineとの関係について知りたくなり、岩波英和を引いてみる事にしました。
 
岩波英和には次のようにあります。p.718より
((原義 forty))  [[法]] 夫の死後寡婦がその家に居住する権利ある四十日の期間;伝染病患者の隔離期間((もと四十日));(伝染病患者乗船の疑いのある船の)停泊期間、検疫期間;検疫所;((一般に))四十日間
 
じっくりと読むと疑問が氷解しますね。本来の意味は「40」(ちなみに、イタリア語quarantenariaから出たものです。quarantaは40を意味します。)で、「(伝染病患者乗船の疑いのある船の)停泊期間」とのこと。伝染病を抑えるための方法の一つが、船を上陸させないという隔離政策なんですね。ここでまた一つ疑問が出てきます。いつ頃から疫病対策として、船舶抑留を実施したのでしょうか。
 
病気についての歴史に詳しい、立川昭二 著『病気の社会史―文明に探る病因 (岩波現代文庫)』(2007)には次のようにあります。p.85より
「黒死病という高価な代償によって、当時の人々が今日にのこる功績として掴んだ唯一の疫病対策は、検疫制度であろう。ヴェネチアでは40日間の船舶隔離の風習はすでに12世紀に記録されているといわれ、ダルマチア沿岸のラグーサでは、1377年に、はじめ30日間のちに40日間の隔離が実施された。」
 
辞書は言葉の世界への案内人です。時にじっくりと辞書を引くと、そこから芋ずる式に学びが広がることがあるでしょう。好奇心を胸にページをめくると、思わぬ出会いがきっと貴方を待っていることでしょう。
参考文献  
立川昭二 著『病気の社会史―文明に探る病因 (岩波現代文庫)』(2007)
島村盛助・土居光知・田中菊雄 共著『岩波英和辞典 新版』(1958)  

 

1 / 712345...最後 »
PAGE TOP