検索 OPEN/CLOSE

英語科の長期留学レポート

英語科の長期留学レポート

カナダに留学中の櫻田絢乃さん から第1回目の留学報告が届きました。

こんにちは。皆さんお元気ですか!?

カナダのオンタリオ州に留学している櫻田絢乃です。

こっちは気温がどんどん下がってきてとても寒くなってきています。

札幌はどうですか??

研修が終わり本格的に学校生活が始まってから早いことに二か月経過しました。

 

初めに研修について話したいと思います。私はオンタリオ州のトロントから三時間くらいに位置する割と都会な場所で研修を受けました。ファミリーはマザー、ファザー、16歳のシスター、そして10歳のシスターがいました。毎日賑やかで楽しく過ごすことができ、特にほぼ毎日色々な場所に連れて行ってくれたこと一つ一つがとても思い出に残っています。

いいファミリーに恵まれてとても幸せだなと実感できました。

 

次に、今のホストファミリーについて話します。家族構成は、ファザー、マザー、15歳のブラザー、6歳のブラザー、メキシコから来た留学生ファティマ、そして、猫と大きな犬がいます。はじめてこの家に来た日は家が清潔感に欠けているところと自分の部屋の布団が動物の毛まみれでここで何か月か生活するのかと考えたらとても辛くなりましたが、数日後には慣れて今では普通に生活ができています。(しかし今でもコロコロは欠かせません笑)家族とはすぐに馴染めましたが、ファザーのジョークは一か月たっても未だに慣れません笑。 ファティマとはベストフレンドであり本当の姉妹のような存在です。特に私たちの中でHigh Fiveは毎日欠かせません笑。 放課後は毎日二人で音楽をかけて歌ったりお互いのお気に入りの映画をみたり宿題を教えあったり、お菓子作りをしたり週に3.4回くらいモールに行って買い物をしたりしています。毎日楽しく充実しています!!

 

最後に学校について書きます。学校が始まった初日は時間割に書いてあるクラスの場所がわからず沢山の人に聞きまくりました笑クラスはどの先生も本当に親切で感謝しかないです。そして、私の学校には様々な国からの留学生がたくさんいて仲のいい友達のほとんどは留学生です。彼らと食べるランチの時間はとても楽しいです!!私は数学、ヨガ、ダンス、英語を選択しているのですが、数学が思ったよりもたいへんです。私は先輩方から聞いたように数学は計算機の授業だよ!めっちゃ簡単だよ!!という言葉を信じていましたが見事に正反対で授業では計算機の使用は禁止ですし私は元から数学が苦手なのと更に何年か前に習った内容を今やっているので全然覚えてなくて少し大変です。今更ですが数学をもっと勉強しておけばよかったと少し後悔しています笑。

 

長くなりましたが、今のところはこんな感じです。ほかの国からの留学生で第一言語が英語ではないけれど英語がペラペラな人たちをみるととても悔しいですが彼らよりも英語が話せるようになってやる!と思って頑張っています。何事も恐れずにやってみるというのを常に忘れないように生活しています。なぜなら後悔したくないからです。一日一日を大切に感謝の気持ちを忘れずに過ごしていきたいと思います!!

 

☆レポートを読んでくれてありがとうございます! See you next time Bye☆  

 

 

Ayano1-1 Ayano1-2

アメリカに留学中の木村莉花さん から第1回目の留学報告が届きました。

こんにちは。California州に留学中の木村 莉花です。
 
Californiaに行く前にNorth Carolinaで3週間研修がありました。2歳になる前の女の子と両親の三人のファミリーでした。ファザーとマザーはまだ若くて、二人ともクロスフィットというゴリゴリ系のスポーツをしている家族でした。毎日赤ちゃんのKinsleyと遊ぶのが楽しかったです。ものすごくいいファミリーで離れるときにすごく泣いてしまいました。飛行機の中でも一人で泣いてました 笑そして3時間、時差を含めると6時間のフライトが終わり、Californiaについて、ファミリーに会って、夜に寿司を食べました。アメリカい来て、初めてシャリの上にネタがのっていて感動しました。でも、時差がすごく、寿司を食べているときは、私の中では0時でへとへとでした。
 
私がステイしているところにたくさんの日本人が住んでいて、学校にもたくさんの日本人のハーフいます。なぜたくさん住んでいるかというと、近くにベースがあるからだと私のファザーが言ってました。さて、私の学校です。アメリカのハイスクール!!!といえばロッカーだと私はずっと思って楽しみにして初日学校に行ったらロッカーなんてどこにもなく、すべて外移動の学校でした。最初は移動時間を走って移動するときもありました。私の学校は留学生はほとんどいなくてメキシコ、フィリピンからの移民がとても多いです。そしてとにかく癖が強い。です。聞き取るのが大変です。授業では、海洋生物学をとっています。日本じゃできないようなことなので難しいけど、Best friend もいるので楽しいです。
 
私の8歳のシスターのRebeccaは有名人なんですなんです。彼女は歌を歌うことがとても上手で、たくさんのオーディションを受けたり、歌を習ったりしています。そして、私が住んでいる地区のたくさんの学校で国家を歌ったりもしていました。マザーはナースで、ファザーは学校の建設のデザインをしています。二人ともすごく優しくて本当の家族のように接してくれます。毎日恵まれているなって思います。まとまらない文でごめんなさい笑 また次のレポートで。
 
 
 
Hi, guys!!! I’m Ririka living in San Diego, California, U.S. I can’t believe that 80 days passed since I came into the U.S. It’s gone by so quickly. I always wake up at 5:30 because my school will start at 7:30. Sometimes I walked to my school. It’s pretty long way… I’m getting used to it!!!
 
 
 
Before I came here, I stayed at North Carolina for 3 weeks. We studied basic English. Every Wednesday, we went to the beach, an amusement park and the DEEP lake. I swam in the lake. It was so deep, I needed a lifejacket. These are really good memories.
 
California have DAISO!!! Fortunately, it is near my house. So, I can get green tea, Japanese snacks, Japanese rice and more!!! And, my hometown has many Japanese food restaurants. Frequently, I can eat Japanese food. My host family takes me there once a week. The taste is the same as restaurants in Japan.
 
Anyway, I spend most of my time doing my home work. I’m reading many text books. Especially, US history class, everyday we have homework due and a quiz, so I have to study. It’s so hard for me, but I’m fine because I’m always studying with my sweet dog!!! He is sitting on my knee. Just now also!!!"</p
 
 
Sometimes, I’m thinking about negative. In that case, I always change my mind to positive!!! I read lots of letters from my friends and family. It is my good medicine.
 
My host Mom and Dad are so kind to me. I like cooking with my mom. I’m learning many recipes everyday. Living with my host family I have tried many new vegetables,. Do you know Butternut squash, Spaghetti Squash, Acorn Squash ? Of course, I didn’t know these before I came here. Everyday I learn new things!!! After eating I like to talk to my host mom, we talked about president Trump, my school , other states, and more. If I don’t understand, she explains it to me. I love my American family!!!
 
I went to a pumpkin patch with my family and friend, Momo in September. She is half Japanese. She and I met at tennis team. She knows a lot of Japanese words, but we talk using English. The pumpkin patch was fun! I saw a lot of huge pumpkins. It was a nice experience.
 
 
 
Next time I would like to introduce you to my friends!! See you soon!
 
Ririka1-1 Ririka1-2 Ririka1-3

カナダに留学中の藤中萌衣さん から第1回目の留学報告が届きました。

こんにちは!北星の皆さん、先生方、そして私のレポートを見てくださっている方、お元気ですか~!カナダ、オンタリオ州に留学中の藤中萌衣です♥

ついに私のレポートが北星のホームページに載る日が来たんですね、、、 

大まかに三週間の研修と学校についてお話させてもらいます。長期のファミリーについては次のレポートでじっくり書きますね♥

 

まず、私の忘れられない最高の思い出、研修についてです。研修はネイティブの先生と英語やカナダについて勉強をしました。平日は朝から学校に行って勉強して放課後、友達とカフェやモールに行ったりしました。留学の理由、将来の夢などを話して本当に有意義な時間でした。土日もたまに友達とお出かけしました。自分たちだけでトロントに行ってCNEというカナダの大きなお祭りにも行きました。バスや汽車に乗るのもワクワクとドキドキでいっぱいで「はじめてのおつかい」感覚です(笑)そして大好きなホストファミリーと出会いました。マザーはとても信仰深く毎朝お祈りしてましたし、一緒に教会も行きました。そしてホストファミリーと一緒にトロントの公園でホームレスの方、障害のある方にご飯を渡すボランティアをしました。この時、マザーに私は「この人たちが本当にお金がないかわからないのにあげるの?」と聞きました。すると、マザーは「90%はお金がない人なんだよ」と言ってくれました。その言葉を聞いた時マザーの人を信じる心に驚き尊敬しました。私もマザーのように誰かのために行動できる人になろうと思いました。来年の春に会いに来てくれるみたいで本当に楽しみで仕方ないです☺

 

それでは学校について話します。私は初日から必ず一番前の席に座り早く先生に覚えてもらうようにしました。そのせいか私がわからないとすぐ教えてくれますしいつも話しかけて。これは私の後輩のみんなへのアドバイスですね!最初の日はご飯食べる子がいなかったので2時間目のentrepreneurクラスで同じ子に頑張って一緒に食べていいか聞きました。それから今も一緒に食べています。そこから授業変更などしてほかの友達もできました。友達ができるのが嬉しかった1,2週目が終わり、3,4週間目はひたすら病んでました。友達ができてご飯を一緒に食べてもみんなが話してる内容がわからなくて次のステップに進めない虚しさと自分らしくいられない悲しさでいっぱいでした。この時はさすがに家で泣いちゃいましたね。ですが金曜日に教会のYouth group のパーティーに行ってたくさんの友達に会って色んな話しました。そのみんながいつも学校で助けてくれます。そして今日、友達とカフェにご飯食べに行った後、バイバイするときにハグしてくれました♥頑張って行動すれば絶対なにか結果がついてくるんですね☺

 

辛くて泣いた後はもう前進するしかありません!!負けない心で頑張るのみです!

時間の流れが速く、もっと英語が話せるようになりたい焦りも感じますが今はカナダの地で毎日一つ一つ頑張っていきます!こんな素敵な経験をさせてくれた先生、両親に感謝と愛でいっぱいです♥ 次回のレポートでもっと進化した私をお伝えできるように頑張りますね!ではまた今度~

Hello! How’s it going guys? I’m Moe Fujinaka. I’m in Ontario, Canada now.

Finally, it’s the day that I post my report on Hokusei website!!

I’ll talk about my training time and my Canadian school. I will write a lot about my host family next time.

 

First, I’ll talk about my memorable days in Whitby. My teacher taught us English and Canadian culture. On week days, I usually went to school and then I went to a café and shopping mall with my friends after school. I talked about why I decided to be an exchange student and my dream with my friends. It was a wonderful time.

I sometimes hung out with my friends on weekends. We went to the CNE. This is a really famous festival in Canada. We rode the bus and subway by ourselves, it was exciting and made me nervous. Moreover, I’ve met my wonderful host family. My host mother believes deeply in her religion. I went to church with her, and then we went to the park in Toronto to give homeless and disabled people some food.

 I asked her why she gave food to them even though she was not sure they had money. She said “90% of the people who come and receive food don’t have enough money”. I was surprised at her being so loving and generous.

I’d like to do something for people in need like my host mother.

She is hoping to come visit me next spring, I’m so excited!

 

Finally, I’ll talk about my Canadian school.

I’ve sat in the front seat since the first day. So my teacher remembers me and talks to me sometimes. This is the advice for students who go to America and Canada next year!

The first day, I didn’t have friends to eat lunch with, so I asked a girl who is taking the same entrepreneur class to eat lunch with me. We’ve eaten lunch together ever since. Then, I switched some classes and I made some new friends.

I felt glad because I could make some friends in the first and second weeks. However, after that I felt sad and lonely because I could not understand what they talked about. This made me cry.

However, I went to the youth group party at the church. I met a lot of wonderful friends and we talked and laughed with them for one hour. It surprised me that the time together with them gave me such great joy and was able to boost my confidence in my ability to make conversation and friends. Some friends I met at the church helped me in sociology class. Also, today I went to the café with my friends. When we went to each class, she hugged me! I was so happy. I believe if I am willing to do some new things, I will absolutely get some great results!

After I cried and experienced the hard time, I just moved on!! I will never give up!☺ Time flies and I feel stressed sometimes because I want to be able to speak English fluently. However, for now I will just try and work hard at each new thing.

 I can experience a lot of precious things in my life because of my teachers in Japan and my parents. I do appreciate them. Thank you so much and I love you.

I’ll try my best to be able to share the improvement in my life as they happen. See you next time guys~~♥

Moe1-3 Moe1-2 Moe1-1

アメリカに留学中の田口ひなたさん から第1回目の留学報告が届きました。

こんにちは。私は今アラバマ州に留学しています。もう涼しくなっても良い頃なのにまだまだ気温は下がらず30度前後を行き来しています。

さてこのレポートでは主に休日や学校について書いていきたいと思います。

アラバマに来てから1週間後、アラバマに留学しているCCIの留学生全員が参加するピクニックがありました。ドイツ、スペイン、カンボジア、ブラジル、ポルトガル、韓国、中国などいろいろな国の人たちがいてとても楽しかったです。日本から来たと伝えると「え!日本!?」とすごく驚かれ、何がそんなに驚きなのかわかりませんでしたが、そのおかげでみんなと仲良くなれました。そして驚いたことが一つ、みんなすごく英語を喋るのが上手なんです。改めて自分の英語力の低さを感じました。ショックを受けながらもオリエンテンテーション後に、仲良くなった中国人と虫を捕まえて遊んでいましたがさすがに飽きてしまい、汚い湖で他のみんなが泳いで遊んでいたので私たちも入り、プカプカ浮いていました。このピクニックはこれからの自分の励みにもなりとても楽しい思い出となりました。

そしてこの前ファミリーと友達家族、合わせて4家族でフロリダのビーチに行って来ました。14歳のプリーザと、9歳のプリーザの弟(名前を忘れてしまったので弟とします)も一緒に海に行き、クラゲを捕まえるのに必死になっていました。プリーザは一切クラゲに触らなかったので弟と一緒に捕まえていました。小さいバケツいっぱいにクラゲを捕まえ終え、普通に海で9歳の弟と遊んでいたら二人してクラゲに攻撃されました。微妙に痛かったので二人とも薬を飲んでその場を乗り切りました。クラゲに攻撃された恨みかはわかりませんが弟は捕まえたクラゲを砂場に埋めていました。後々調べたら電気クラゲだったらしく痛みも10分くらいで引いたので安心しました。とても貴重な体験ができました。

続いて学校のことを話したいと思います。

私が乗るスクールバスは朝6時半に来るので最初の数日は起きるのが面倒でした。後々7時に変更になり30分長く寝ることができてとても嬉しいです。学校初日は迷いまくり、授業の間が3分なので全ての授業に遅刻しましたが、「ここの教室はどこ?」と質問したら質問した人全員が教えてくれました。また警察が、授業開始のベルが鳴っても迷い続けていた私と一緒に教室を探してくれたのがきっかけで今も仲良くしてくれています。そしてこの学校はアジア人が多く、そこに一人日本人が混ざっても「あ、なんか新しい人だ」という感じで、話しかけてくれる人は私のことを日本人だとわかる中国人、韓国人ととてもフレンドリーでいつもテンションが高いアメリカ人の数人だったので次の日からはとにかく自分から話しかけまくりました。まだまだ正確に英語を聞き取れず、自分の意見を完璧に伝えることは難しいですがそれでも私の話を聞いてくれるホストファミリー、友達、学校の先生にたくさん助けられて今の学校生活が成り立っています。早く英語を上達させて良い経験だったと思えるように生活して行きたいです。以上です。ここまで読んで下さりありがとうございました。

カナダに留学中の佐伯美胡さん から第1回目の留学報告が届きました。

こんにちはカナダに留学中の佐伯美胡です。今回は初めてのレポートなので少し緊張していますが、よければぜひ読んでくださいね!そして私は研修についてと新しいファミリーについて、少しだけ学校についても話したいと思います。そして出発前私が5Gの中で一番不安視されていたと思いますが皆さん、安心してください。何とか過ごせていますし、なんと 太ってないと思われます!!!!!

 

まず初め三週間のホームステイをした研修のファミリーについて話します。私のファミリーはインド人のマザーとファザー、13歳のケッチャプとパトカーが好きなブラザー、11歳のダンスが好きなシスター、フランス人のジャスティンがいました。マザーは料理上手ですがインド人の舌を持っているのでスパイシーな食べ物がとても多かったです。ファザーもマザーの作るインド料理が好きらしくほぼ毎日たくさんの香辛料が入った料理(だいたいカレー)をたべていたので毎日が戦いのようでした。また何かしらの予定をジャスティンと週末に観光地に行きました(ナイアガラの滝、カサロマ、パークウッド、オンタリオミュージアムなど)

この家でつらかったのはもう一人のフランス人留学生とは仲良くなれたがブラザーやシスターとは仲良くなれず、家族の中でも独りぼっちでいることが多かったことと、私がサーニアに行くと言ってから外出が家族の用事が済ませることのためにしかなくなったということです。またパクチーに苦しめられていました。ただ言えばよかったのですが、言うタイミングがわからず、次の家では言おうと決め、あと三日あと二日となるたびにパクチーから逃げられると喜んでいました。

 

次に研修中の時の学校について話します。学校は家から一時間あるところにありほとんどすべてが勉強でしたが宿題などはなかったです。外出も最後の一週間に二回ほどでした。(アメリカの人たちうらやましい!!)ペンギンの本を読んだり、カナダや研修地について学んだりしました。

 

そしてついてカナダに着て約2週間後に長期のファミリーが決まりました。イケイケで私にはついていけなさそうだな

思いましたがファミリーはとても優しいので今のところはついていけています。(笑)

 

ファミリーは、マザーのカレン、ファザーのアダム、そしてダブルプレイスメントの中国人のジャスパーがいます。家に初めてついたとき、マザーが私にカナディアンネームをくれました。そしてご飯もとってもおいしく素敵な部屋を使わせてもらっています。問題のパクチーはついたその当日にまたマザーとファザーは特に優しく、特にファザーが銃で撃たれてマザーは胃の手術をしたにもかかわらずとってもきづかってくれ、話しかけてくれ、そのまま私のような留学生を受け入れてくれたことには感謝しかないです。マザーと買い物に行ったり、家で映画を見たり、ファザーやマザーの友達や近所の人と会ったり話したりするのは私にとってとても勉強になりますし楽しい時間でもあります。ファザーとマザーのジョークにはきづかないこともありますが、だんだん 早くて、若者が使いそうな言葉を聞くのにも慣れてきました。ダブルプレイスメントのジャスパーはなかなか謎で私には理解できかねぬところがとてもありますが、なんとか仲よくなろうと思います。

 

9/5から学校が始まりました。マザーと二人で学校に行ってレジを済ませた後に授業を取りました。ESLという留学生の集まるクラス、tourisum, 数学、英語を取りました。数学はもしできれば難しいので数日中には変える予定でいますが、仲のいい友達がいたので少し寂しいです。そうなのです!この間、初日に出会った子で毎日お昼ご飯を食べている子の家に遊びに行ったのです!カナダの高校生の部屋はとってもおしゃれでした。。マザーも家具にはこだわって季節ごとに装飾を変えるらしく、たくさんの買い物をしてきて、マザーの友達の家に行った時も素敵なおうちばかり、、、、カナダの人おうちの中をきれいに自分らしくアレンジ好きなのかなとふと思ってしまいました。

そうです、授業、、簡単ではもちろんありませんが、すごく難しいわけでもありません。単語を聞き取ってやっと何をするか知ったり もはや先生にめちゃめちゃ聞いたりしてます。英語の先生は特に字が汚くて略語も使うので、、そして英語の授業はだいたいは理解できないので先生を頼り切っています。

次回はきっとクラブの話やマザーの娘さんと会った話をすると思います。。多分です。

それでは次回をお楽しみに

 

Hi, I’m Miu. Today I want to share my experience of Canada. (also about orientation and new family)

 

First, I want to talk about my orientation family, my family was mother, father, brother, sister and person who is from France. They are Indian so I must eat a lot of Indian (spicy) food every day. And I send an e-mail to my old host mom “I want to try a lot of things in Canada” so any kind of food I must eat. Sometimes I can eat English dinner, but there were some nan or something of Indian food. I also every day ate Indian curry, and it’s so spicy I have never eaten before. I went to a lot of place. (but just weekend) Like: CASA LOMA(It’s kind of a house but looks like castle and It’s built by two person because it takes a lot of money and first person who built the house doesn’t have enough money. Now Ontario government managing this house), As you know Niagara Falls, Parkwood (it’s a house who lived a kind of spy in Oshawa) Oshawa mall (It’s so huge) and Ontario Museum.  

 I had three difficulty things in this house. First, I don’t like coriander very much, but I lost a time to say, “I don’t like it.” So, I though “I want to go new house now!!!!!!!” every day.

Second, I can’t join family. France people be able to speak English very well but I’m not so I try to explain some of Japan, but I can’t say. (cause of my vocabulary)

Third, I can’t be friendly with my host sister and brother. When Justine go back to home country we went to Parkwood and go to mother’s friend’s party. Then my host brother took picture of Justine but it’s my turn, my host sister wakes up by host father and just say good-bye and go back to own bed. Even my host brother didn’t wake up for me. It’s so sad. I thought I don’t want to see them again.

 

My new host family … Karen who is my host mom and Adam who is my host father is so kind. There two reason why I think so. When I stay 4days, and I and Karen watched some movie at midnight and I went to be and fell sleep. It was a sad day, because when I wake up, I heard but things. “Adam shouted his leg by gun in Niagara Falls.  he is okay and he come back to home same day. I thought I must give up staying this house. However, Karen doesn’t do that.

And after 1 weeks later Karen had surgery for her stomach, so I thought same thing, but my family don’t do that. We have four dogs and everyone is not same kind of dogs. Dogs are so cute and funny. And Jasper … exchange student from China.

I can get my own room, not spicy foods and my Canadian name(Macy)

 

My school was starting by 9/5.

First day, I was so nervous, but Karen stayed with me when the class was started. And this day I could get a Canadian friend and last week, I went to her house and went to shopping by she’s bicycle. (I could borrow)!!!  She’s house was amazing! There are two hammocks in the garden. I love that so much.

I take ESL class, Tourism class, English class and Science class. I can change math to science. Because I can’t write graph.

ESL class is easy for me because everyone can’t speak English very well. Tourism class is so difficult, but I like travel so I take it. Science class is so interesting. We are learning about light and color with using I pad. English class is so-so but, I want to try writing so many words.

 

I think that’s all, so I’ll finish.

Next report will tell you my club. See you!

MiuS1-3 MiuS1-2 MiuS1-1

アメリカに留学中の土居千代美さん から第1回目の留学報告が届きました。

こんにちは、私は二週間のオハイオでの研修を終えテキサスにいます。どいちよみです。テキサスに来てから結構日数もたって普通に楽しくやってます。こっち来てから一番思ったのは全然暑くないです、なんか日差しが強いだけで日陰だと寒いし暑い地方なので狂ったかのようにクーラーがかかっています。かのようにというかくるっています。

 

初めにあめりかにきてから思ったことを書きます。私はアメリカに来たときはただただすべてのものが大きいなと思いました、未だなれません。おっきいです。 

そして学校ですね、ホストシスターのお友達がいい人ばかりでやさしくしてくれたし話しかけてくれる人もいるし、授業のわからないところを聞きまくれば意外と人と仲良くなれます。英語がわかんなくても身振り手振りだったり表情で結構いろんなことが伝わるので結局言葉なんてことばじゃーーんって思ってます、来る前に研修でリターニーとかにさんざん怖がらせられたので思っていた百倍楽しいです。アメリカで友達百人できるといいな。

 

次はホストファミリーについて書きます、ホストファザーのままが日本混じってるらしくファザーがわけわからん日本語を知っています。やくざとか。ファザーはやくざになりたいそうです謎です。まざーはちっちゃくて基本歌ってるかわけわかんない動画みてます。シスターは基本一日一回は驚かしてきます。やり返します

 

そういえばテキサスに来るときに一人で飛行機に乗る機会があったんです。しかも乗り継ぎ、その時私の隣に座った女の人が酔っていて一人で大声でしゃべってる感じでとてもやばい人だったんですよ、ぱぱ大好きって言ってたからほんとはいいひとなのかもしれないけど。座った時から話しかけてきてノーイングリッシュとか言ってもずっとおおごえでしゃべりかけてきて前の席のおじさんがキレて席移動させてくれてそのときにキャビンアテンダントの人がウインクしてくれたのがとてもかっこよかったです。そのあとその人は携帯を機内モードにしなくて追い出されました。一人で本当に怖かったので次から本当に行きの飛行機は一人にしないほうがいいと思いますASSE、JFIEどっちか知らないけど恨みます。帰ったら伝えるつもりです。

 

Hi. I`m Chiyomi Doi.  I finished a week training and I`m in Texas. A few days passed since came here but I`m doing fun. I really thought here is not hot since I came here. Its like only strong blightness and shade is not hot. And the school is too much air-conditioned.

 

Firstly I`m going to talk about what I thought since I came to America. When I came America I just thought everything are very big. Im not still get used to it, BIG.

And school, my host sister`s friends were nice and many people talk to me, when I couldn’t understand what they said I ask someone and I can be friend with them and if you cannot say word you can express by expression. I’m having fun hundred times than I thought because before I came to America the returny are really scared me to come here. I hope I can make 100friends in America ahaha.  japan is famous than I thought.

 

I’m going to write about my host family. My host father is mixed Japanese so he knows wired Japanese likeYakuza he said he wants to be Yakuza.

My host mother is always singing or watching videos. My host sister scared me once a day.

 

By the way I had a chance to get on a airplane alone. Moreover connecting fright. At that time a girl sit next to me was drunk and she was talking by herself, she was crazy. But she said ‘I love dad’ so maybe she was nice. I talked to me since when I sit. I told her I can’t speak English but she kept trying to talk to me with really loud voice. Then the man sitting in front of us was got mad and he told a cabin attendant to I’m scared, and I moved next seat. After I moved the seat the cabin attendant winked me, it was cool. After that the crazy girl was kicked out because she didn’t turn her phone airplane mode.

I was really scared so I think they shouldn’t leave us alone

Chiyomi1-3 Chiyomi1-1 Chiyomi1-2

アメリカに留学中の淀野ひかりさん から第1回目の留学報告が届きました。

こんにちは、アメリカのニューハンプシャー州に留学している淀野ひかりです!私は今、ホストファミリーが経営しているコーヒーショップでこのレポートを作っています。中学生のころ受験勉強の息抜きに隠れて目を輝かせながら読んでいた北星女子の長期留学レポートを今度は自分が書いているなんて世にも奇妙な話ですが、真面目にがんばります!

 

コロンバスではキャンプに行ったり教会のユースグループに参加したりダウンタウンを散策したり友達の青春に他人事ながらウキウキしたりとても充実した三週間でした。コロンバスのホストファミリーは私にとってとても大切な存在ですが今はコンタクトをとっていません。きっと恋しくなるし、今のファミリーが知ったら心配しますから。でもこの留学を終えたあと必ずまた会いに行きたいと思います。

 

私は今本拠地のニューハンプシャー州のbritolという小さな町にいます。ファミリーはファザー・マザー・年上のブラザー2人・年下のブラザーとシスターです。彼らは町のダウンタウンでコーヒーショップを経営していて毎日働いています。私の平日の流れは、朝起きてファザーの車で店に行って自分のラテを作りご飯を食べ、登校。授業は、english・space and earth science・drawing・ceramic・cooking・civic and NH governmentをとっています。放課後はサッカー部で汗を流し、帰って宿題をしてファミリーと夜ご飯。平日は忙しいですが週末は部活動がないのでゆっくり出来ます。

 

私は今留学できていることがとても嬉しいです。孤独を感じたりホームシックで誰とも話したくなかったりすることもあります。それでも今まで支え、見守ってくれた母、兄、二人の姉、親戚、教会の方々、先生方、先輩と後輩、そして友達。全ての人に感謝しています。勿論2組のホストファミリーにも。ここにこれたのは決して私一人の力ではありません。だからこそこれからどんなにつらいことがあっても感謝の気持ちを持って何事にも全力を尽くしたいと思います。

 

Hello everyone! I’m Hikari and staying in Bristol, NH. I can’t believe that I’m making report and my report is going to be read by many people. First, I’ll talk about the English camp in Ohio. I did a lot of fun things in Columbus. I went to Ohio state university, downtown, library, zoo, pool, German village, camp, church’s youth group etc… Especially, the German village was marvelous!! When I went to there, I felt I was in European city. I love it. My Columbus host family was really nice. They took me many places for three weeks. They gave me a lot of opportunities to have experiences. I’m deeply grateful to you for their love and kindness. Now I miss them but I don’t want to contact with them because it will make me sad. When I finish my study abroad, I’ll visit them again.

Next I’ll talk about my life in Bristol, New Hampshire. My host family is mother, father, two older brothers, one younger brother and sister, dog, and kittens. Last week, we had five new kittens and they gave me one. I named him my younger sister’s name. Because his cry is very high tone and it sounds like my sister’s high voice. In high school, I’m taking English, space and earth science, drawing, ceramic, cooking and NH government. The English class is difficult so every day I’m studying hard. I was going to take US History but I asked the guidance then I chose NH government class. The class is not easy but I like the teacher. I join to soccer club. Girl is only four including me in their team so I have to play with many boys every day. It sounds like paradise for everyone. Of cause they are very nice and kind to me so I like practice. The practice is only on week days so I can be relax on every weekends. On weekends, I usually spend my time in my host family’s coffee shop. These days I’m practicing to make latte. It’s not too hard than I thought. Anyway I’m enjoying my study abroad life!! I miss my family and friends so much! Thank you for reading my report.

Hikari1-2 Hikari1-3 Hikari1-1

アメリカに留学中の竹内沙莉衣さん から第1回目の留学報告が届きました。

こんにちはー!!! オハイオ州での研修を終えて、フロリダ州で留学ライフを送っている竹内沙莉衣です!日本は涼しくなってきましたか?こっちはまだまだ真夏です、、、、

 

 

まずはホストファミリーについてです。わたしのファミリーはファザー、マザー、美人の18歳のシスター、ジェントルマンな16歳のブラザー、元気すぎる11歳のシスター、ダブルプレイスメントのフランス人の15歳の女の子です。初日に驚いたことは家の中の言葉を失うくらいの汚さ。洗面所はシャワールーム、洗濯機やトイレがあってとても広いのですが、床にこれでもかと着終わった服が散乱していて、足の踏み場も無いくらいでした。それに加えて、家にはたくさんの犬や猫がいて、ペットを飼ったことのない私には嗅いだことのない獣くさい匂いがして、とてつもなく居心地が悪かったです。この匂いに慣れるには数日かかりました、、、正直初日でもうこの家には住みたくないと思ったし、すぐホストチェンジしたいって思っていました。でも、すぐ変えることは出来ないので数日過ごしていると、マザーの作るご飯がすごく美味しかったり、ファザーが毎日優しく笑顔で話しかけてくれたり、兄弟達と過ごす時間が楽しかったり、毎日のように家族の友人が家を訪れるので英語を話す機会が増えたりと、良いなって思うことも多くなりました。もし、ホストチェンジして今のファミリーよりも悪いところになるのも嫌だったし、悩んでいる時間も無駄なので、ポジティブに考えて自分で工夫しながら今は過ごしています。そして、この事の次に大変だったのがハリケーンのちょっとした被害です。家が壊れるなどということではありませんでしたが、家が二日ほど停電し、電気もなく水も出ない状況で過ごしました。電気や水のありがたみに改めて気づかされた二日間でした、、、そしてだんだんと好きになってきていた学校も一週間以上なくなってただ暇でした、、

 

 

次に学校についてです。私にはダブルプレイスメントの子がいて学校も同じなので、初日は少しの緊張ありましたが大きな不安は無かったです。そして、私の学校には日本に興味のある人がたくさんいたり、私と趣味の合う子もたくさんいたりと、とても友達に恵まれたと思います。初日で友達が出来たのはすごく嬉しかったです。その子達とは今でもずっと一緒にいます。学校の中ですれ違うたびに、毎日こんにちはと言ってくれる子もいたり、知り合いじゃなくても笑いかけてくれる子もいるので、この学校で良かったって思っているし、この学校が大好きです!勉強については、まだ授業の内容をその場で全部理解することはできてないし、授業が進むのも早いので、おいていかれそうで怖いので毎日の復習は欠かせません、、、授業の内容は簡単でも知らない単語とかがあるとやはり分かりません。でも、先生方は優しいし、周りの子に聞けば分からないところも教えてくれます。私は経済学をとっているのですが、経済の知識がない私には少し難しいですが、とても新鮮でおもしろいです。そして、アメリカではどんどん生徒が発言するので毎回授業が盛り上がって楽しいです。私はアメリカで、しかもすべての教科を英語で学べるこの環境がとても幸せです。誰もが簡単に経験できることではないので、この環境を楽しみながらたくさんの様々な知識を身につけで帰国したいと思っています。話は変わりますが、フロリダは毎日25度くらいあるのですが、教室の中はクーラーが効きすぎて寒すぎるので毎日長袖が欠かせません、、もう少し考えてつけてほしいって感じです笑 そして、アメリカでは私の年でもう運転することが出来るのでみんな自分で運転して学校に来ています笑 私からしてみればすごいことです笑 

 

 

長くなりましたが、私はとても楽しく過ごしています!こっちに来てからはポジティブシンキングを忘れたことはありません。少し辛いことがあってもポジティブな自分がいれば、乗り越えられるものです。そして、物怖じせずに何でもトライしてみることも大事だなって思います。すでに、アメリカに来て一ヶ月は経ちましたが、これからの英語の伸びは自分の行動にかかっています。語れる留学になるように頑張ります!!来週末にはホームカミングがあります!楽しみです!!

 

 

それでは二ヶ月後のレポートで!!!!!

Sarii1-1 Sarii1-2 Sarii1-3

アメリカに留学中の櫻井綾音さん から第1回目の留学報告が届きました。

​こんにちは。ミシシッピ州に留学している櫻井綾音です。ミシシッピ州はまだまだ暑いです。私は研修も無事に終え、アメリカでの学校生活を始めてからもう6週間目に突入しました。時間が過ぎるのは早いなという気持ちと、もう6週間、まだ6週間という焦りが心の中にあって、なんだか複雑な気持ちでいます。今回は、研修のホストファミリーと今のファミリー、学校のことについて書きます。

 

まずは、4週間の研修の話をしたいと思います。私はオレゴン州のレバノンという小さな町で研修を受けてきました。家族構成はファザー、マザー、7歳のブラザーと5歳のシスターそして3歳のブラザーでした。毎日すごくにぎやかな家族で、特にホストファザーがとても明るい人だったので、楽しく過ごせました。研修中に一番年下のブラザーの誕生日があったので、ビーチまで行って、ログハウスみたいな家に3泊4日してお祝いしました。日本が大好きな家族で、何回か本物の日本のお米や、本格的な日本食を食べることができました。最終日にはホストマザーと一緒に、カレーライスを作りました。とても親切な家族だったのでお別れするのが悲しかったです。

 

次に、今のホストファミリーの紹介をしたいと思います。家族構成は、ホストマザーとホストシスターと四匹の犬です。ホストシスターは大学に通うためにアパートメントで、友達とルームシェアをしていますが、週末には家に帰ってきます。今のホストファミリーは研修のホストファミリーとは正反対で、とてもアメリカンです。週の半分以上はファストフードを食べて暮らしています。きっと日本に帰る頃には丸々太っているだろうなと思います。

 

最後に、学校の話をしたいと思います。一番伝えたいのは、私の学校の生徒は本当に留学生に対して親切です。学校初日に緊張で上手く話せない私に今日からベストフレンドねと言ってくれた友達がいて、とても心が落ち着いたのを覚えています。ですが、ミシシッピに来てから、綾音と、私の本当の名前で呼ばれたことが一度もありません。最初はあやねだよと教えるのですが、誰も正しく覚えてくれないのでもう、諦めました。みんなは、私のことをあやに、あやな、あやの、あやん、あいなどと色々な方法で呼びます(笑)日本人からしたら全部違う名前ですけどね!それでも、日本の担任の先生はクラスの中にあやね、あやな、あやの、あやという名前の人がいても呼び分けられてたのですごいなと思います。あと、私の学校は制服があるので、毎日何を着るか決める必要がないのがすごく私にあっています!少し厳しい学校なので、携帯も使えないのは残念ですが、日本と同じだと思えばなんてことないです。授業は、4時間制で、前期と後期で時間割が変わるのですが、前期はAlgebra 2と、Theatreと、Spanishの授業をとりました。最初は、英語だけでも大変なのにスペイン語まで手が回らないと思っていましたが、今ではSpanishは私の一番好きな授業です!学校初日、一番心配だったのはお昼ご飯の時間だったのですが、なんと私の学校は3時間目の途中にクラスメイトと食べに行くので、なんの心配もいりませんでした!3時間目はSpanishだったので、そのせいか、Spanishのクラスメイトとはすぐに仲良くなれました。私はマーチングバンドに入ったので毎日の4時間目と火曜日から金曜日の放課後は練習があります。特にマーチングバンドのメンバーは本当に優しくて、そのおかげで一気にたくさん友達ができました。マーチングは外で練習するのですっかり日焼けをして真っ黒になってしまいました。本当にくっきり、服のラインに沿って日焼けをしてしまったのですが、マーチングのシーズンが終わって冬になったら元の色に戻ることを願っています。

 

私の最初の1ヶ月はこんな感じであっという間に過ぎて行ってしまいました。日記のようなレポートになってしまいましたが、次のレポートでまたたくさんのことをお伝えできたら良いなと思います。みなさん、季節の変わり目ですが体に気をつけてくださいね!

 

Hi! I’m Ayane Sakurai from Mississippi. It’s still hot and humidity outside in here. I finished my orientation without any accident, and it’s already been 6 weeks since I started my American school life. Well, time passed so fast and it made me so worried whether if I could improve my English in this 6 weeks. In this report, I’m going to write about my orientation’s host family, my host family in Mississippi and my school life.

 

First, I’m going to talk about my four-week orientation. I took the orientation in the small town, Lebanon, Oregon. There was father, mother, 7-year-old brother, 5-year-old sister, and 3-year-old brother in my host family. My family was always lively, and they talked a lot. Especially, my host father was a cheerful person, so I could stay really comfortable. During the orientation, there was my youngest host brother’s birthday. So, I went to the beach and stay at the house looks like a log house. My family really liked Japan and I could eat real Japanese rice and real Japanese food. On the last day, I made a curry and rice with my host mother. They were really kind to me so that was so sad to say goodbye to them.

 

Next, I’m going to tell you about my host family in Mississippi. There is mother, sister, and four dogs in my family. My host sister is living in an apartment and doing room-sharing to go to the university, but she comes back to home almost every weekend. My host family in Mississippi is really opposite to my orientation’s family. They’re like real American (of course they are!) and they eat fast food like almost half of a week. I might unbelievably get fat by the time of me going back to Japan!

 

Lastly, I’m going to tell you about my school life in America. One thing I really want to tell you about is that the students in my school are really kind to the exchange student. I remember my first day of school and I could not talk well because of the strain, but one girl talked to me very nicely and told me that we’re best friend from today. And that made me feel better. I never being called with my actual name in Mississippi, people call me like Ayan, Ayani, Ayana, Ayano, Ai and so on. I think it’s kind of a hard pronounce for southern people. And also, I’m really proud of my homeroom teacher in Japan, he always tries to call my name in a real way even though there were Aya, Ayana, Ayano, and Ayane in my class. Also, I have school uniforms so I don’t have to care about what to wear. But my school is pretty strict and I cannot use my cell phone at school. About the class, I have 4 classes in each day and it changes in the 1st and 2nd semester. I took Algebra 2, Theatre and Spanish for 1st semester. At first, I thought that it’s already hard to learn English and I didn’t think it’s going to be fun to learn Spanish. But now, my most favorite class is Spanish! On my first day of school, I was worried about the lunch time, but we eat lunch during the 3rd period in my school, and I have Spanish class in the 3rd period. So that made me easier to get close to my Spanish classmate. I joined the marching band and I have practice every 4th period and Tuesday to Friday’s afterschool. The member in the marching band is also really kind to me, and I could make many friends in the band. I practice outside, so I already got suntan. I really got a great suntan along the line of clothes and I hope it turn back to original skin color when the marching season finishes and turns to winter.

 

My first month passed by so fast like this. I know that my report was like a diary, but I’m really grateful to you for reading my report. I want to tell you more about my life in America in the next report! Please take care yourselves!

Ayane1-3 Ayane1-2 Ayane1-1

アメリカに留学中の野崎綾南さん から第1回目の留学報告が届きました。

こんにちは。アメリカのコロラド州に留学中の野崎綾南です。

まずはオハイオ州コロンバスで行われた3週間の研修について話そうと思います。研修は9時から2時までで、英語の物語を読んでその要約を書いたり生物や数学もやりました。初日と最終日にはELTiSも受けました。毎週水曜日には授業がなくて皆でオハイオ大学やハイキング、ウォーターパークへ出かけました。研修中のファミリーはファザー、マザー、4歳になるシスターのジョビーでした。マザーは喋るのがすごく速くファザーはゆったりと話すので最初は聞き取るのがすごく大変で何度も聞き返したりしていました。そしてジョビーはすごく人見知りでいつもマミー!ダディー!と言っていて、最初の1週間度は仲良くなることが出来ませんでした。でも勇気を出して積極的に遊んでみたらすぐに仲良くなれました。もっとはやくそうすればよかったと少し後悔しています(笑)。ファミリーとは一緒にカヤックにいったりお祭りに行ったり本当に幸せな時間を過ごしました。オハイオでの最後の夜ジョビーがマザーに“I’m gonna miss her”と言っていたのを聞いて泣きそうになりました。最初とは本当に比べ物にならないくらい仲良くなれました!

 

留学本拠地コロラドでのファミリーは、ファザー、マザー、大学生のシスター、そして韓国からの留学生ジヒョンです。彼女は本当に英語がうまくて自分の英語力の乏しさを痛感しましたが彼女の英語から学ぶ事は多いです。とはいっても二人でいるときには韓国語で話してしまうんですけどね(笑)。ジヒョンは韓中のハーフで中国に長い間住んでいたのでその文化もよく知っているのでそれぞれの文化をシェアしたりしています。私のファミリー(特にシスター)はK-POPが好きでよくリビングで韓国ドラマを観たりミュージックビデオや韓国のテレビ番組をみています。

コロラド州は朝と昼の寒暖差がすごく激しいです。朝は15度でも昼には30度近くになります。そして乾燥しているんです。汗をかくような暑さではないのですが水を飲めとよく言われます。この間夜更かしをしながら水を飲まないでいたら朝起きた時に失神してしまいすごく心配されました…(笑)。すぐに回復しましたよ!

学校での授業はMusic appreciation(音楽の歴史や曲の構造について), American Lit&Comp(トピックについてディスカッションなど), 数学(Algebra2), スペイン語1,アメリカ史、バンドです。スペイン語の先生は独特のアクセントがあって聞き取るのが少しだけ大変ですが留学生である私のことをよく気にかけてくれてすごく褒めてくれます。アメリカ史は予想通り大変で毎日必死でやっていますが日本でやった世界史と内容は似ているのでほかの生徒より何倍も時間がかかり授業中にやるべきことが終わらなくていつも宿題としてやらせてもらっていますがなんとかやりきっています。それよりも私にとっては数学の方が大変です!元々私は物凄く数学が苦手なのですが、ただ式を解く問題より文章問題が多くて日本でやってこなかった部分もあるのでアメリカの数学は簡単だと聞いて軽く考えていた過去の自分へ忠告したいです…。

学校に通い始めてもうすぐ一か月がたちます。仲良くしてくれたり気にかけてくれる人達はいます。だけど友達と呼べる人はまだいないのかなと思います。一人でランチを食べることだってあるし (トイレでは食べてませんよ!)、授業についていけない孤独感で泣きそうになることも多いです。でも最初の頃にはろくに聞き取れなかった話の内容が聞き取れるようになったこともあったり少しずつではありますが成長はしてきたと思います。

 

少し長くなってしまいました、ここまで読んでくれてありがとうございます。それではつぎのレポートで!

 Ayana1-1 Ayana1-2 Ayana1-3

PAGE TOP