検索 OPEN/CLOSE

北星女子の教育

こころの教育

誰かのために心から祈ることができたとき、
自分の中の何かが変わった。

本校では、学年ごとに、聖書からテーマとなる「聖句」を決めており、その聖句の言葉を心にとどめて生活することを意識しています。また、この「聖句」は緑の教室のテーマとしても活用されます。

本当の自分自身と出会える6年間・3年間を

本校は、生徒一人ひとりが「こころ」と「いのち」について考え、自分自身を見つめる機会をたくさん用意しています。決して自分を粗末にせず、同様に他人を気遣う。それができた時「隣人を自分のように愛する」という聖書の教えを本当に理解したことになるのです。北星で、生きることの意味、価値ある生き方を真剣に考え、本当の自分自身を見つけてください。
聖書科主任 浅野 純

主なキリスト教活動

朝の礼拝

毎朝、学校生活の始めに聖書を読み、その教えに触れることで、命の尊さや他者への思いやりを胸に刻んでいきます。週に3回は各クラスで、2回は全校生徒で礼拝をします。

献金活動

週に1回、クラス礼拝のときに全員が献金をささげます。献金は盲導犬協会、ユニセフ等に送ります。

聖書の授業

全学年で毎週1時間、聖書を学びます。自分と他者を愛し、いのちを大切にする心を育てます。また社会に目を向け、平和と人権についての豊かな感性を備えた人格を形成します。

聖書輪読会

毎朝、始業前の静かなひとときに、少しずつ聖書を読む会です。(有志参加)

イースター礼拝

イエス・キリストの復活を祝うイースターにちなんだ礼拝を4月に行います。新入生にはライラック委員から事前にゆで卵が配られます。

花の日礼拝

生徒一人ひとりが花を持ち寄って礼拝し、放課後に道庁や市役所、近所の交番や郵便局など、日ごろお世話になっている方々に花束を届け、感謝の気持ちを伝える行事です。

クリスマス礼拝

北星学園女子がもっとも大切にしている行事です。生徒たちは1ヶ月前から準備を始め、キリストが誕生した喜びを生徒同士だけでなく、市民の方々とも分かち合います。

サマーリトリート

毎年、夏休みに宮城県の石巻市を訪ね、東日本大震災被災地の方々との関わりを大切にする時間を過ごします。ボランティア活動と学習に勤しむ3泊4日の活動です。(有志参加)

緑の教室

中学校3年間にわたり学年ごと、あるいはクラスごとにテーマを定め、校外の施設において1泊2日で行います。

PAGE TOP