検索 OPEN/CLOSE

受験生の方へ

よくあるご質問

学校生活・学費についてなど、よくあるご質問を下記にまとめました。参考にしてください。
また、お電話や「お問い合わせ」ページからも、ご質問・ご相談をお受けしております。お気軽にご連絡ください。

中高一貫
高等学校

学校生活について

Q.特定の区や中学校からの入学が多いなどありますか?

A.札幌市内だけでなく、全道各地から入学しています。

Q.札幌市以外から通学しようと思っていますが、大丈夫ですか?

A.大丈夫です。遠方では苫小牧、岩見沢などからも通学しています。

Q.登校時間は何時で、学校が終わるのは何時ごろですか?

A.8:30に出欠を取り、16:00ごろに終礼を行います。

Q.地方から進学を希望しています。スミス寮以外(他の学生会館)からの通学は可能ですか?

A.中学生は保護者(に準ずる人も可)との同居が前提です。高校生はスミス寮以外からも通学可能です。

Q.在学中に、スミス寮を自己都合で1〜2ヵ月ほど退寮することは可能ですか?

A.可能ですが、退寮する日によっては1ヵ月分の寮費を支払っていただく場合があります。

Q.習いごとをしているのですが、部活動にも入りたいと思っています。両立は可能ですか?

A.部活動の選び方にもよりますが、本人の努力で両立している生徒もいます。

Q.カナダ語学研修は、どのような日程で行いますか?

A.10泊12日の日程で行う予定です。

Q.一貫コースに在籍しながらの留学は可能ですか?

A.可能です。ぜひチャレンジしてください。主に4年生で留学します。

Q.PTA役員などのお手伝いは、どの程度あるのでしょうか? また地方にいる親がPTAの役員になることもあるのでしょうか?

A.在学中に一度は役員をお願いしています。来校していただけるならば、地方の方でも可能です。小学校のPTA活動に比べ、負担はかなり軽いと思います。

 

学校全般について

Q.女子校であることの利点はなんですか?

A.男子の目を気にせず、のびのびと学校生活を送れるのが女子校の良さだと思います。共学に比べても、特に不安に感じることはありません。

Q.元気が良いという印象がありますが、おとなしい子でも学校生活になじめますか?

A.おとなしい生徒も大勢います。それぞれの持ち味として、お互いを認め合い、生活できることが本校の特徴のひとつです。

Q.北星学園大学への推薦入学についてはどうなっていますか?

A.一定の基準をクリアしていれば入学できます。成績基準については、普通に学校生活を送り勉強していれば、その成績に達することは可能です。ただし、欠席、遅刻、早退が多い場合は進学が厳しくなります。また、北星学園大学への合格が保証された状態で、国公立大学を受験することも可能です(条件があります)。

 

部活動について

Q.吹奏楽部に入りたいと思っていますが、楽器は自費で準備しなければならないのでしょうか?

A.学校のものがありますので、購入しなくても大丈夫です。

Q.水泳をやっています。北星女子には水泳部がありませんが、高体連への出場は可能ですか?

A.可能です。ただし、記念参加のレベルはお断りする場合もあります。他の競技も同様です。

Q.個人で競技スキーをやっています。大会に参加する場合は公欠扱いになりますか?

A.中体連や高体連などの大会は公欠扱いです。しかし、それ以外の大会に参加する場合は公欠になりません。

Q.試験前は、学習時間への配慮はあるのでしょうか?

A.原則、定期試験の1週間前は部活動はありません。

 

勉強面について

Q.入学してから塾に通う必要はありますか?

A.定期試験で一定以上の得点を取っていれば、必要ないと思います。

Q.算数がとても苦手なのですが、中学に入ってから大丈夫でしょうか?

A.教員のサポートも当然行いますが、反復してわかるまでやりとげる意志が必要です。

Q.学力面でついていけない生徒へのフォロー体制はどうなっていますか?

A.学校で出される課題などにしっかり取り組み、小テスト、形成テストなどをクリアできるよう、声かけをしています。それでもできない場合は、放課後学習や、繰り返しの小テストでフォローします。

Q.追試などが多いと在校生から聞いたのですが、本当ですか?

A.多い生徒もいますが、全くない生徒もいます。毎回の目標をクリアすれば追試にはなりません。

Q.勉強についていけない場合、部活動に制限はありますか?

A.特にありません。ただし追試などがあるときは、部活動より追試や補習が優先です。

Q.中学生でも授業のほかに講習のようなものはありますか?

A.Plusタイムと、夏・冬休みに講習があります。

Q.Plusタイムでは具体的にどのような勉強をするのですか?

A.問題実習を中心に応用力の養成を行います。

Q.高校卒業後、進学せずに公務員などの就職を希望した場合、指導をしてくれるのでしょうか?

A.進学以外の進路でも、生徒の希望により個別に対応します。

 

学費について

Q.高校に進学するとき、入学金は支払いますか?

A.高校進学時は、高校から入学者の入学金の半額を納入していただきます(2014年度実績:125,000円)。

Q.高校に進学するとき、授業料は変わりますか?

A.変わります。
〈参考〉2014年度 4年生の校納金(年額・諸会費等を含む)
 普通科:518,700円
 英語科:580,700円
 音楽科:662,700円
 ※世帯の収入状況によっては、国から就学支援金が支給され、負担額が軽減されます(月額9,900円〜24,750円)。

Q.カナダ語学研修の費用は、どのように支払えばよいですか?

A.一括払いか、分割払いを選択できます。分割払いは1年生の夏ごろからになります。

Q.学費が払えるか経済的に不安です。どうしても払えなくなった場合には、どのような処置がありますか?

A.公的機関等の奨学金の他にも、北星独自の奨学金を各種用意しています。成績によるものの他に、家計が急変した場合には、条件により授業料を免除するものもあります。

「奨学金」を見る

Q.入試でどのくらいの点数をとれば奨学金の対象になりますか?

A.8割程度です。上位20名程度が対象となります。

学校生活について

Q.特定の区や中学校からの入学が多いなどありますか?

A.札幌市内だけでなく、全道各地から入学しています。

Q.札幌市以外から通学しようと思っていますが、大丈夫ですか?

A.大丈夫です。遠方では苫小牧、岩見沢などからも通学しています。

Q.登校時間は何時で、学校が終わるのは何時ごろですか?

A.8:30に出欠を取り、16:00ごろに終礼を行います。

Q.地方から進学を希望しています。スミス寮以外(他の学生会館)からの通学は可能ですか?

A.高校生はスミス寮以外からも通学可能です。

Q.在学中に、スミス寮を自己都合で1〜2ヵ月ほど退寮することは可能ですか?

A.可能ですが、退寮する日によっては1ヵ月分の寮費を支払っていただく場合があります。

Q.習いごとをしているのですが、部活動にも入りたいと思っています。両立は可能ですか?

A.部活動の選び方にもよりますが、本人の努力で両立している生徒もいます。

Q.PTA役員などのお手伝いは、どの程度あるのでしょうか? また地方にいる親がPTAの役員になることもあるのでしょうか?

A.在学中に一度は役員をお願いしています。来校していただけるならば、地方の方でも可能です。中学校のPTA活動に比べ、負担はかなり軽いと思います。

 

学校全般について

Q.女子校であることの利点はなんですか?

A.男子の目を気にせず、のびのびと学校生活を送れるのが女子校の良さだと思います。共学に比べても、特に不安に感じることはありません。

Q.元気が良いという印象がありますが、おとなしい子でも学校生活になじめますか?

A.おとなしい生徒も大勢います。それぞれの持ち味として、お互いを認め合い、生活できることが本校の特徴のひとつです。

 

部活動について

Q.吹奏楽部に入りたいと思っていますが、楽器は自費で準備しなければならないのでしょうか?

A.学校のものがありますので、購入しなくても大丈夫です。

Q.水泳をやっています。北星女子には水泳部がありませんが、高体連への出場は可能ですか?

A.可能です。ただし、記念参加のレベルはお断りする場合もあります。他の競技も同様です。

Q.個人で競技スキーをやっています。大会に参加する場合は公欠扱いになりますか?

A.高体連の大会は公欠扱いです。しかし、それ以外の大会に参加する場合は公欠になりません。

Q.試験前は、学習時間への配慮はあるのでしょうか?

A.原則、定期試験の1週間前は部活動禁止となります。

 

勉強面について

Q.入学してから塾に通う必要はありますか?

A.定期試験で一定以上、得点していれば、必要ないと思います。

Q.数学がとても苦手なのですが、高校に入ってから大丈夫でしょうか?

A.教員のサポートも当然行いますが、反復してわかるまでやりとげる意志が必要です。

Q.学力面でついていけない生徒へのフォロー体制はどうなっていますか?

A.学校で出される課題などにしっかり取り組み、小テスト、形成テストなどをクリアできるよう、声かけをしています。それでもできない場合は、放課後学習や、繰り返しの小テストでフォローします。

Q.追試などが多いと在校生から聞いたのですが、本当ですか?

A.多い生徒もいますが、全くない生徒もいます。毎回の目標をクリアすれば追試にはなりません。

Q.勉強についていけない場合、部活動に制限はありますか?

A.特にありません。ただし追試などがあるときは、部活動より追試や補習が優先です。

Q.授業のほかに講習のようなものはありますか?

A.土曜講習と夏・冬休みに講習があります。6年生は、さらに平常講習も実施しています。

Q.高校卒業後、進学せずに公務員などの就職を希望した場合、指導をしてくれるのでしょうか?

A.進学以外の進路でも、生徒の希望により個別に対応します。

 

学費について

Q.授業の他に、どれくらい費用がかかりますか?

A.科によって異なります。学費をご確認ください。

「学費」を見る

Q.学費が払えるか経済的に不安です。どうしても払えなくなった場合には、どのような処置がありますか?

A.公的機関等の奨学金の他にも、北星独自の奨学金を各種用意しています。成績によるものの他に、家計が急変した場合には、条件により授業料を免除するものもあります。

「奨学金」を見る

Q.一般入試で、どのくらいの点数をとれば奨学金の対象になりますか?

A.8割以上です。

PAGE TOP