検索 OPEN/CLOSE

北星ガールズ

北星ガールズ  2021.03

2021.3.19
モンクホール
一貫課程前期となる修了礼拝が行われました。
感染症対策をとりながら、いままでとは
異なる礼拝となりましたが、生徒たちの
晴ればれとした笑顔が印象的でした。

4月からは高校課程です。
いままで育んできた力を発揮して、
自分らしく輝いてください。応援しています。
一貫課程前期終了、おめでとうございます。
IMG_0798 IMG_0807 IMG_0830 IMG_0814 IMG_0860 IMG_0797

2021.3.18
モンクホール
一貫課程修了を明日に控え、3年生を送る会(3送会)がおこなわれました。
コロナ禍で多くの行事の企画を変更することとなりましたが、
これまでの感謝の気持ちを込めて、ビデオレターなどが紹介されました。
「3年生!お絵描きですよ」では、絵心のある?作品に会場も盛り上がりました。
明日の修了礼拝も、思い出に残るものになりますように。
IMG_0739 IMG_0745 IMG_0741 IMG_0760 IMG_0763 IMG_0758 IMG_0755 IMG_0766

2021.3.18
エバンスホール

ステップ1のまとめとなる、2年生全員によるスピーチコンテストです。
テーマは「中学2年間を振りかえって思うことと新1年生に伝えたいこと」。
ひとり一人が、これまでの北星女子中学校でのあゆみ・成長・気づきを
スピーチにまとめました。
クラス予選の結果、各クラス5名がStep1みんなの前でスピーチを行いました。
どの生徒のスピーチも訴える力強さ、説得力があり、投票する生徒も
なやみに悩んでいる姿が印象的でした。
ここで披露することができなかった生徒たちの内容も、
本当に素晴らしいものでした。
2年間の成長を頼もしく感じることができました。

【結果】
第1位 北星手帳が自分を変える 野崎二美乃
第2位 受け入れてくれる場所  岩崎 怜美
第3位 あなたを変える「妙薬」 高橋 美晴
特別賞 私の変化・「スマイル」   澤田 佳那
IMG_0640 IMG_0644 IMG_0648 IMG_0657 IMG_0660 IMG_0663 IMG_0665 IMG_0669 IMG_0677 IMG_0684 IMG_0699 IMG_0719

 

2021.3.6-7
ビックハウスエクストラ店

今年度、ラルズさんの協力のもと進めてきた
”ランラン♪春のパンdeコンテスト”。
優秀作品をとうとう、店頭で発売することになりました。
2021年3月6日、7日限定発売は、
どの商品も完売となりました!

コンセプトからプレゼン、商品化決定、試作品確認
などを経て、自分たちの考えたパンを自分たちで販売までを
経験することができました。
店内での放送やチラシ配布、商品説明など、
いつもの消費者とは異なる視点で考えるきっかけとなりました。
店頭販売までいかなかったチームも、
新しいものを生み出すこと、その難しさなど、いろいろな
経験ができました。
いつか、この経験を活かせますように。

長期間にわたってサポートしてくださった、ラルズ関係者のみなさま、
本当にありがとうございました。

*商品開発コラボ企業を募集しています!
関心のある企業関係者のみなさま、よろしくお願いします。
問い合わせは本校まで(011-561-7153)

IMG_0345 IMG_0353 IMG_0360 IMG_0357 IMG_0422 IMG_0416 IMG_0441 37 商品開発_210307_18 37 商品開発_210307_38 37 商品開発_210307_62 6899 6900 6901

2021.3.2
モンクホール

6・3年間の北星女子での生活もとうとう最後の日となりました。
悪天候にもかかわらず、*多くの保護者の方に参列いただき、
無事に卒業礼拝を迎えました。ありがとうございました。

本校での生活が、これからの皆さんを支えるものでありますように。
応援しています。ご卒業おめでとうございます!
*座席、換気、人数制限の参加者数、短縮礼拝など様々な感染症対策に協力いただきました。
IMG_0166 IMG_0169 IMG_0174 IMG_0180 IMG_0183 IMG_0204 IMG_0210 IMG_0220 IMG_0226 IMG_0235 IMG_0253 IMG_0281 IMG_0299 IMG_0308 IMG_0262





























【卒業礼拝にあたって】

Shine like stars in a dark world

今年度の卒業礼拝は新型コロナウイルス感染症の影響のため、
昨年同様これまでの卒業礼拝とは違う形で行わなければなりません。
しかし、私はそのことを残念だという思いだけで今いるわけではありません。
コロナ禍の中で困難な時間を卒業生の皆さんが経験して今ここにいることを、
私たちは学校の誇りとさえ感じています。
北星での最後の一年間は殆ど全ての学校生活が、変更・延期・中止そして
学校閉鎖さえ伝えなければならない状況になりました。
先生たちにとっても、本当に苦しい期間でした。
今後も困難な状況は続いていくでしょう。

しかし、皆さんが歩み経験したことは、
これから確かな自信につながっていくと私は確信します。
最後の礼拝で生徒の皆さんに伝えたい聖書のことばが三つあります。

一つ目が、今みなさんが語った暗唱聖句です。
「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、
わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしをはなれては、
あなたがたは何もできないからである。」~ヨハネ15 :5~
この言葉は、イエス様が十字架にかかる直前に弟子たちに語った言葉です。
弟子たちに是非この言葉を伝えたかったのです。また、この言葉は、
私たちの学校の創立者スミス先生を生涯にわたって励まし続けました。
卒業後どのようなことがあっても神様に繋がって生きてください。

二つ目は、私が入学礼拝でみなさんに語った聖書のことばです。
ヨハネによる福音書15章にある言葉です。
あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと
わたしがあなたがたを任命したのである。』
卒業を控えたコロナ禍の真っただ中、校長室に来て話をしてくれた生徒がいました。
社会の動きを知り、繋がりを持ち、今の自分に何ができるのか、
何を考えなければならないのかを真剣に自分自身のこと、
家族・友人・生きることを私に語ってくれました。
自分の考えを話してくれた生徒の表情は、教室や廊下で友達と楽しそうに
話をしている顔とは違う大人の入り口にしっかり立っている姿でした。
北星での「生活」「経験」「学び考えたこと」が生徒の内に、
実として結ばれ始めたことを見る思いでした。

そして三つめは、創立者スミス先生が日本を離れる時に語った聖書の言葉です。
『わたしたち強い者は、強くない者の弱さをになうべきであり、
自分の満足を求めるべきではありません。おのおの善を行なって隣人を喜ばせ、
互いの向上に努めるべきです。キリストもご自分の満足をお求めになりませんでした。』
~ローマ書15章1~3節~
創立者が願ったように、本校での「学び」「経験」「知識」を活かし、
皆さんを必要としている人の、傍らに立つ生き方を選んでください。
皆さんたちの働きを待っている場所や人が、世界の中に必ずあるのです。

私たちの学校の校訓に「Shine like stars in a dark world」という言葉があります。
私は今年度ほど、この言葉を心に深く受け取った年はありませんでした。
「暗い世にあって星のように輝く」これは創立者の願いです。
今、皆さんはどのような思いでこの言葉を受け取るのでしょう。
計画したこと、楽しみに予定していたことができなくなることがあるでしょう。
まさに北星での最後の一年間がそうでした。

誰も喜んで困難を迎入れる人はいいません。しかし、そのような困難な状況の中で、
何を成していくかを皆さんは経験しました。辛い中に新しい発見もありました。
唯々楽しい毎日を送る生き方でなく、価値ある生きかたを大切に歩んでください。

18世紀に生きたドイツの賢人ゲーテが残した言葉
「涙とともにパンを食べたことのある者でなければ、人生の本当の味はわからない」
は真実です。
保護者のみなさま、これまでに経験したことのない状況の中、
お嬢様を支え続けてくださり、また本校の教育にご理解・ご協力を頂きありがとうございました。
また、式出席に制限を設けなければなりませんでしたことをお詫びすると同時に、
卒業礼拝にお越しくださいました保護者・ご家族の皆さまに、心からのお祝いと感謝を
申しあげます。
只今卒業証書を渡した、177名の6年生の皆さん、卒業おめでとう!
これを持ち、祝辞とさせて頂きます。

2021年3月2日
北星学園女子高等学校校長
浅里愼也

2021.3.1 モンクホール

久しぶりに6年生が登校。
明日に迫った卒業礼拝を前に、
それぞれの6・3年間をしめくくる礼拝に臨みました。
卒業生代表の濱さんと早坂さんのそれぞれの体験をもとにしたお話に、
皆聞きいりました。

講堂は人数制限をしているため、1年生から4年生は各教室で参加です。
コロナ禍により、大きく生活スタイルが変化した1年でしたが、
皆さんの協力のもと、少しづず進んでいます。

明日は、高校課程卒業礼拝です。
IMG_0068 IMG_0069 IMG_0075 IMG_0078 IMG_0091 IMG_0108

PAGE TOP