検索 OPEN/CLOSE

北星ガールズ

北星ガールズ

10月25日 3日目 カンボジア

午前はパックパン小学校へ訪問し、手つなぎ鬼をしたり、
シャボン玉をしたり、様々な活動を小学生と行いました。
生徒は児童と積極的に楽しく交流することができました。
次の日の午後も同じ小学校を訪問する予定です。
小学校1 小学校2

 







LO-YUYU訪問
午後、カンボジアの伝統陶芸の工房である「LO-YUYU」に、生徒12名と
引率教員1名で視察に行ってきました。「LO-YUYU」の中には、
この工房をつくった石川悠子さんのお墓があり、彼女がカンボジアの伝統陶芸を
復活させるために、どれだけ努力したかについて説明を受けました。

そして、その意思は後継者のソヴァンさんに受け継がれ、現在、30名以上の職員が、
誇りを持って仕事をしていることに大きな感銘を受けました。
ローユーユー1 ローユーユー2









KURAMA-YUYU WEAVING訪問
午後、高品質のクロマーを手織りしている「KURAMA-YUYU WEAVING」に、
生徒25名と引率教員1名で行ってきました。
訪問の中で、実際に生徒が手織り体験をさせていただき、
大変さと作る楽しさに触れることができました。

また、事前に売り上げを安定させるための課題を
代表の高木さんに出されていましたが、その課題の回答について
有意義な議論を交わすことができました。
生徒の知恵が少しでも、会社の運営に役立ってくれればと思います。
KURAMA-YUYU1 KURAMA-YUYU2

 







TREAK COMMUNITY CENTRE
17人とトレック村の教育支援NGOを訪問しました。
ここでは、幼児教育と小・中学生への英語教育を無償で行っていて、
カンボジア人の先生たちのほかに、世界各国からのボランティアが活動しています。

今回17人に期待されたボランティアは日本語のレッスン。
英語だけが世界の言語ではないということをカンボジアの子どもたちにわかってほしい
という校長先生の願いです。日本語をこの学校で教えるのは北星のこのメンバーが初めて!
ということで、子どもたちはとても楽しみにしていたようです。

4チームに分かれて日本語の単語、動物や果物、そして挨拶を教えて、
それを使って、フルーツバスケットや伝言ゲームをやるという、とっても楽しいものでした。
1時間半の持ち時間を、英語で組み立てて日本語を教えるという大変なチャレンジを
大成功させたメンバーに拍手を送りたいです。
子どもたち、日本語の単語をいくつか覚えて、とても興奮していました!
トレック 1 トレック 2

 







夕方は、オールドマーケットで買い物をした後、日本料理店の「たけぞの」で
天ぷら定食を食べました。久しぶりの日本食に生徒は、大変喜び、たくさん食べて、
体力を回復していたようです。
オールドマーケット たけぞの

PAGE TOP