検索 OPEN/CLOSE

北星ガールズ

北星ガールズ

日頃の感謝の気持ちを花で伝えます

6月12日(金)、花の日礼拝が行われました。
講堂礼拝では、ハンドベルの演奏と聖歌隊によるコーラスが行われました。

 

放課後には区役所や道庁に、各クラスを代表して花束を届けに行きました。
誕生日や記念日だけでなく、皆様も日頃お世話になっている方々に花を贈るのはいかがでしょうか。

 

 

2015年5月12日(火)

北海道「看護の日」ということで勤医協札幌西区病院で
看護体験をさせていただきました。

 

病棟看護体験(血圧測定など)、看護師との懇談などが行われ
参加した生徒たちにとって充実した一日となりました。

 

 

英語を身近に感じてもらうために、外国人教員が、その週のTOPICを新聞にしています。

 

English News 8[PDF]

 

英語を身近に感じてもらうために、外国人教員が、その週のTOPICを新聞にしています。

 

English News 7[PDF]

 

英語を身近に感じてもらうために、外国人教員が、その週のTOPICを新聞にしています。

 

English News 6[PDF]

 

  第38回札幌地区空手道選手権大会
兼 第70回国民体育大会札幌地区予選会

少年女子個人形 第3位 平田 萌恵(5C)

 

夏服の季節がやってきました

6月1日(月)より、夏服移行期間となりました。

久しぶりの夏服に生徒たちは少し嬉しそうでした。

 

 

アメリカに留学中の斎藤瑞穂さんから、三回目の留学報告が届きました

こんにちはみなさん、ミズホです。お元気でしたか?

今回のレポートが留学報告として最後の物となります。ここを出発するまであと3週間となりました。信じられません。3週間後自分が日本にいるだなんて。自分で思っていたよりも時間はあっという間に過ぎるものですね。私がこちらにいる間、辛い経験をたくさんしました。でもそれ以上に楽しい経験もしました。自分を誇りに思います。私はやり遂げたんですもの!!

続きを見る

今週は春のキリスト教週間です

5月29日(金)講堂礼拝においてゲストをお招きしました。

講師:三浦忠雄牧師(留萌宮園教会)

「北海道と呼ばれているこの地は、もともとアイヌの人々によって「アイヌ・モシリ(アイヌ語で『人間の住む豊かな大地』の意味)」と呼ばれていました。アイヌ民族は、本州から和人が移り住むずっと以前、約1万年前からこの地に居住していた先住民です。アイヌ民族の権利について考えてみましょう。」

礼拝では、「もしも皆さんの住む土地がティフ星人と呼ばれる宇宙人に侵略され、すべての自由を奪われたらどう感じますか?」と呼び掛けられ、生徒たちは三浦牧師の話に引き込まれていた様子でした。

差別をなくすために

 

68 / 68« 先頭...102030...6465666768
PAGE TOP