検索 OPEN/CLOSE

英語科の長期留学レポート

英語科の長期留学レポート

アメリカ合衆国イリノイ州 Quincy Senior High School に留学中の小田島 緒聖彌さんからの第1回目のレポートです。

 

どうもどうも!イリノイ州クインシーに留学中の小田島緒聖彌です。レポートって、何をどう書いていいのか分かりませんが、とりあえず長々と私のアメリカライフを紹介します。

 

はい。まず初めにアリゾナ研修です。ファミリーと初対面のとき、レストランとレストルームを間違えました。聞き間違えってやつです。これは本当に面白すぎるので帰国後に何が起きたのか聞いてください。アリゾナ着いて私のホストファミリーは、一言で言うと“常連さん”でした。というのは、そのファミリーにとってホストする留学生は私で7人目でした。先輩のインスタでファザーを発見したときは呼吸困難の大爆笑です。ファザーはいつも長い白い靴下を履いていました。ファミリーは高齢の夫婦で、子供はもう巣立ち、代わりに7匹の猫がいました。7匹ですよ7匹。アリゾナ着いて一日目に一匹一匹の名前を紹介されたのですが、一匹も覚えられませんでした。申し訳ないことに、今でも覚えていません。というかアリゾナではたったの3週間しか過ごしていないのに書きたいことが沢山です。教会の一室で行われたEnglish Classは、とてもとても退屈でしたが、一緒にアリゾナにいた5G勢がとてもとても面白すぎて最高でした。Baseball観戦、Grand CanyonSedonaJake’s Unlimitedに行きました。これから留学する後輩たちに言いたいことは、初回とラスト週のEnglish Classでテストがあるので勉強しましょう。それと、研修は友達と思いっきり遊んでください。次会えるのは約一年後なのですから。私はYoutuberごっこをしたり、友達と作曲して収録をしたりなどと、JKとは思えないようなことしかしていませんでした。こんな感じで楽しいことばかりでしたが、お?ってなることもありました。例えば、家にあるあらゆる食べ物に猫の毛が入っていたりなど。そんなときはフルーツを食べましょう。フルーツは安心安全です。はい。留学前の親子面接で、「アメリカの何に興味を持っていますか」という質問に対して、「気候です。」と答えたのでアリゾナの気候を紹介します。アリゾナは本当に暑い。暑すぎて痛い。アリゾナでテニスをするなら朝の5-6時をお勧めします。

 

/10 旅立ちの日 アリゾナからシカゴに行ってからのクインシー。乗り換えということです。問題発生です。シカゴからクインシーへの飛行機の搭乗口が、離陸予定時刻の5分前に変更になるという。インフォメーションボードでも、emailでも、変更の連絡がなかったので焦りに焦りに焦りですよ。CAさんに聞いて、変更した方の搭乗口へ向かって全力疾走。二分間の全力疾走の末、無事飛行機に乗れました。

 

はい。次に本拠地のイリノイ・クインシーライフです。「留学先はみんな田舎」と考えていたので、実際に到着してまあびっくり。広大な大地に沢山のお店。アメリカの田舎は全然田舎じゃありません。突然ですがファミリー紹介。ファミリーはスポーツ一家。マザーはテニス。ファザーとシスターはゴルフ。ブラザーはどっちも。マザーは日本人です。そこでもう親近感ですよね。家にはゴルフのシミュレーター、娯楽として卓球台やエアホッケー、ビリヤードなど。さらに三種類のリビングがあります。豪邸です。はい。私が通っている高校は、Quincy Senior High School / QHSです。でかい学校です。共学です。授業はFood, World History, Art, Algebra, Gym, English Iを選択しました。簡単なものばかりを選択したはずなのですが、毎日予習復習しても追いつけないです。特にEnglish。それは私の強敵です。分厚い小説を読んでDiscussionしてEssay書いてPresentationするなんて努力しても完璧にはいかないので、「え、こんな状況でもなんとか生きてる自分すごくね?」って開き直ってます。得意のポジティブシンキング。

 

皆さん気になっているであろうテニスについて。私がクインシーに着く何か月も前から、マザーが顧問のコーチと話をしてくれていて、無事にテニス部に入れました。学校が始まる前から練習にも参加でき、最初の試合から一番手として試合に出場しました(基本シングルス)。Girls Tennisのシーズンは、8月中旬から10月の末までなので、ちょうど忙しい時期が終わったところです。留学初試合では、準優勝。その後の練習試合ではすべての試合で勝ち、シーズン後半にある試合、WB6Sectional では第一シードになりました。また、その二つの試合で優勝することができました。そして、イリノイ州全体の大きな試合である、State Tournamentでは、ベスト○というような言い方はドローの構成上できませんが、とても良い結果を残すことができました。テニスを通じて他校の子と友達になったりインスタ交換したりなどと、もうこれはテニス留学です。新聞にもテレビにもちゃっかりJapanese Exchange Student Tennis Player Otone Odajimaとして沢山出演しています。学校のYear Bookにも特別枠で載るので、取材来たりするんですが、まあ英語力はまだまだですね。留学前の自分に何か言うとしたら、「取材対策しろ!」です。こんなに沢山テニスの試合に出られたのも、全て皆様のおかげです。特にマザー、コーチ、Zach、ありがとうございます。(部活の練習では、女子にレベルの高い人がいないため、いつも男子の一番手のZachと沢山練習していました。シーズンが終わった今でも個人的に一緒に練習しています。)シーズンが終わったため、高校としての大会はもうありませんが、個人的にUSTAの試合に出場していく予定です。なので、Zachのいるスクールにも週2で通うことにしました。ということで私のテニス留学はまだまだ終わりません!

 

はい。ここで私の留学目標。…みんなに便乗して何かかっこよく名言を言いたいところですが残念ながらNo idea。目標ってなんなんですかね。簡単すぎてもダメですよね。Umm… 目標は沢山あるんですよ。何か一つ言うとしたらこれです。人との出会いを大事にする。やっぱ人生って波乱万丈じゃないですか。でもそんなときに自分のことを支えてくれる人がいたら最高ですよね。ということで留学が終わって日本に戻ったあとも、連絡をとったり、また会いに行きたくなるような友達をつくってみせます。あと大学見つけます。あとSiriに向かって話したときにスラスラとSiriに聞き取ってもらえる英語力を身につけたい。

 

日本恋しいかって言われたら、そりゃぁ恋しいですよ。私の大好きな5G, 5F, 谷木先生、西先生、木村先生、岡村先生、テニスの友達たちに会えないですし、私が愛してやまない梅のお菓子、さけるチーズがないんですもの。あ、ドライフルーツはこっちに売っているのでまだ大丈夫です。大事な試合の日には、マザーがおにぎりを作ってくれるのでとてもハッピーです。普段の食事からお米おはじめとする日本食がでてきます。お米美味しいです。今もオムライスを食べながらレポート書いています。

アメリカ来て嬉しかったことの一つは、タンクトップ焼けしたということです。写真見返したらBefore Afterでのギャップが凄い。気になる人はインスタ見てみてください。面白いです。

 

はい。今回のレポートはここまでです。留学というかテニス留学レポートみたいになってしまいましたが、ご熟読に感謝です。“めちゃくちゃ楽しそうな留学レポート”のような感じになっていますが、事の大きさは様々ですが沢山の壁に正面衝突しています。自分の努力で解決できるものからできないものまで。例えば人種差別。私は人種差別を受けていませんが、学校で「Chinese?」って笑ったように言ってきたり。「いや。Japanese」と私は答えられますが、同じことを中国人留学生が言われたらどう思うんでしょう。国家間で対立があったりすることに対して否定するつもりはありませんが、え。個人的に何かされたんですか?って単純に思います。これは私たち日本人には関係ない。と考えてはいけない問題だと思います。関係ないからこそ解決すべき問題だと思います。

次回のレポートは期日までに出していきたいと思います。出します。書きたいことが沢山あるので、英語の方でも色々書きますね。

ではでは。

 

 

Hi! This is Otone Odajima. I’m staying in Quincy, Illinois.

Thank you for reading my terrible report in Japanese btw. I have bunch of things that I wanna tell you. I’m not sure I should write down same thing as the report in Japanese but I’m gonna tell you from about I felt like sad in my life in here.

 

What is racism. I know the meaning but I wanna say this. Why do we have to do it. I can’t understand at all why people do it. It may sound like more than enough to say but this is reality. I was upset when the students of my host school told me to laugh, “Are you Chinese?” I was like omg. I’m not angry at being mistaken for Chinese. I hope the world can live a life without conflict regardless of race or religion.

 

It is a sad thing. But rest assured. I enjoy studying abroad because everybody around me supports a lot. I wanna say thank you so much to all of the people. Host family, teachers, coaches, Girls tennis team, member of the racquet club, and QU tennis team and coaches… a lot :) To be honest, I was thinking about this study abroad that it’s enough just to go school and make many memories before I came here. However my host mom prepared for me like to join the tennis team and tournaments before I left Japan.

 

Everyone see my tennis and ask me “How long are you playing tennis” and I always say “I started playing tennis when I was 3 years old so I’ve playing tennis about for 14 years.” I was so happy because they were interested in my tennis play and talked through tennis. At that time, I feel like I can’t retire to playing tennis forever haha

I participated in many tournaments here and got many titles. Ottawa tournament, WB6, Sectional Championship… And finally, I went State tournament as a representative of Quincy and QHS. The news team of Quincy learned of my performance in tennis and came to interview many times. I was introduced once on radio, twice on TV, and four times in newspapers. These were unexpected. I’m so proud of me lol

 

The girls tennis season was only for three months so now it has already passed. Then I decided to go to tennis club QRC. I have lesson twice a week. Other days I always hit w Zach who is #1 player of the boys tennis team. Win or lose 50-50 haha He is the best hitting partner for me. I hope he thinks so too :)

The tennis club has many members from older to young kids. One day, I went there to watch the tournament for kids. Then I thought I wanna teach tennis in the future and grow good players. It might be the best way for me because I dislike to sit long time and do many paperwork like employee. Please rest assured that I’m firmly thinking about the future.  

I miss when I was a kindergarten child and I wanted to be a nursery. Life is ups and downs

 

I’m gonna tell you what I want to do during this study abroad.

Basically I decided to go to America as a exchange student when I was 14-15 yo. I was very interested in foreign especially America because when I was a junior high school student, I stayed in Florida twice. Each for a month. It’s not normal study abroad. Mainly tennis. Through the experience, I was thinking about this study abroad. And I’m thinking to go to college in America after I graduate from high school.

So the one of the goals of this study abroad is to find a college in here. I know it’s gonna be hard but it’s the best way to take a job I wanna take in the future.

Other things, I wanna eat many kinds of food like Indian food, Italian food, Greek food, and of course American food. I must be fat girl but I don’t care. Don’t laugh me haha

 

I miss English Class in Arizona I miss you guys;( but I’m not really really miss my sweetie cuz everybody has Snapchat or instagram then I can see their stories. That’s why I’m fine now. (Hey guys Don’t stop adding stories)

The English Class in Arizona was good experience but it’s not like perfect condition for me cuz the classes was very bored and it started early morning so I couldn’t enjoy that but my friend Risa was always at my home because her host parents have work all day and they’re busy with that so most of the days she stayed w me from morning to evening. We are now close friends, I think… right? I can’t believe those days were almost four months ago. Time passes quickly. I wanna tell you especially about this. About the night at the hotel that we stayed to go to Grand Canyon. I shared the room with Hinata, Remi, and Risa. It was almost time to go to bed when we arrived the hotel. But we stayed up late until 3 am. We were making T-shirt for the first day of school. We were gonna wear it but didn’t come true haha so we figured out and we’re gonna wear it after we back to Japan. I can’t wait it! I can’t choose one day of the life in Arizona that I think it’s the best day because every single day was so like fulfilling. Thank you so much guys love you all.

 

Thanks again to my family for supporting me this wonderful study abroad. I must succeed!

 

Thank you for reading to the end. See you soon.

18 おとね #1 18 おとね#2 18 おとね#3

PAGE TOP